付き合いも長いし、そろそろ結婚かな!

そう思っていた矢先、急に男性が「別れよう」と言ってくることがあるようです。

でも、それはなぜ?

そのひとつの要因として、「価値観」がポイントになるようです。

そこで今回は、結婚目前でぶつかる「価値観の違い」について、男性にリサーチしてみました。

「恋愛ならいいんだけど…」結婚目前でぶつかる【価値観の違い】って?

仕事に不誠実

「僕は結構、仕事に打ち込んできたタイプです。でも元カノは『気乗りしない』って当日欠勤とか平気でやってて……。
仕事に対して不誠実なところが、どうしても認められなかったんです。その他は、大好きだったんですけどね」(38歳男性/医療)

仕事に対する感覚は、人それぞれ。

ただし、仕事に誇りをもっている人にとって、ただ会社に行って適当に過ごせばいいという考え方は許せないことも。

すべての人が仕事に誇りを持てるわけではありませんが、せめて社会人としての責任を果たすことは考えたほうがいいでしょう。

貯金する気なし

「30代前半のときに付き合ってた子とは、結婚直前まで行きました。でも結婚資金の話になったとき、彼女が貯金ゼロなことがわかって。
そのうえ頑張って貯めようとしているならまだしも、貯める気もゼロ。結婚したら後悔するなって思い別れました」(39歳男性/自営)

恋愛をするだけなら、多少お金の価値観が違っていたり、貯金に興味がなかったりしても問題ないでしょう。

しかし、結婚となると話は別。

相手に貯金がゼロで、そのうえ危機感すら抱いていないとなると、結婚をしり込みしてしまう男性もいるはず。

こんなふうにならないよう、いまのうちから少しずつ貯金しておきたいものですね。

金銭感覚がズレている

金銭感覚がズレている

「アプリで出会った子と結婚を考えていたのですが、しだいに金銭感覚のズレに気づきました。
というのも超がつくお嬢様で、両親が主催のパーティーに呼ばれたとき『高嶺の花だわ』ってあきらめました」(33歳男性/飲食)

育った環境が似ているほうが、価値観は似てくるもの。

そのため相手の家庭の金銭感覚があまりに違うと、ズレを感じがちです。

たとえば、相手がものすごくお金持ちならば、高レベルの教養が必要だったり、生活スタイルがあまりに違ったりと、価値観の違いを肌で感じるでしょう。

それに対し、彼が身構えてしまうというのも仕方ありませんね。

占いで行動を制限される

「占い好きの元カノは、『今日は東の方角が良い』と謎のリクエストをすることがありました。
同棲後はエスカレートして、『明日は西の方角に行けないから、やっぱり1日家にいよう?』とか言い出して……。ついていけないなと思いました」(36歳男性/営業)

朝の星座占いを見ているくらいのレベルなら問題ないでしょう。

ただ占い結果によって「○○できない」とか、「○○しなきゃ」などと行動を制限しているなら要注意。

また彼にも同じように行動制限求めているなら、彼にうんざりされているかもしれません。

たった一つの価値観が別れを選ばせるかも

結婚を考えるほど仲良しでも、たった一つの価値観がズレているだけで、男性は別れを選ぶこともあります。

寂しいですが、結婚後に気づくよりは良かったかもしれませんね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)