彼との付き合いが長くなると、「倦怠期」にぶち当たることもあるでしょう。

倦怠期にケンカをすると、勢いで別れてしまいがち。

思い返して、「あんなこと言わなければ……」と後悔することもあります。

そこで今回は、もっと絆が深まる「倦怠期を乗り越える方法」を4つご紹介します。

もっと絆が深まる!2人で【倦怠期を乗り越える方法】4つ

2人で非日常体験をする

「倦怠期になったら、非日常的なことをしますかね。たとえばトレッキングとか、陶芸教室に2人で通うとか。
デートの行先がネタ切れしてくるから、他の刺激に目を向けるっていう感じです」(26歳男性/事務)

倦怠期の原因がデートのマンネリ化なら、2人で珍しいことにチャレンジするのがオススメです。

彼と自分が興味のあることから、やったことない体験をチョイスしてみて。

そこで感じるドキドキによって、倦怠期を打開できるかもしれません。

楽しかった思い出を共有する

「倦怠期って、最近の嫌なことばかり思い出しがちじゃないですか。
だから、わざと昔の楽しかった思い出を話題にすることがあります。結構、盛り上がりますよ」(25歳女性/営業)

付き合いたてのカップルにはなくて、熟練カップルにあるものがあります。

それが、たくさんの思い出。

当時の楽しい記憶もよみがえりますし、きっと「また○○に行こうか」なんてデートのネタも湧いてくるでしょう。

外見を褒めてみる

外見を褒めてみる

「倦怠期のときは、なるべく外見を褒めるようにしてます。
内面を褒めるとなると、ケンカ続きで内面が好きじゃなくなってたり、もう褒め尽くしたりしてるけど、外見なら褒めやすいからね」(27歳男性/アパレル)

大抵の場合、褒められるって嬉しいですよね。

ただ、付き合いが長いがゆえに、ある程度分かっている内面を褒めるのは難しいはず。

それに内面の根っこは、あまり変わりませんよね。

となれば、外見を褒めるのがオススメです。

外見はイメチェンなどで、日々変化させやすいですから「その髪型いいね!」「今日もかわいい」なんて褒め合いましょう。

しばらく距離を置く

「倦怠期の時期は、一緒にいてもケンカになるし、無理に隣にいなくてもいいんじゃないですかね。

この時期に自分磨きをしてから再会すれば、関係性も次のステップに移行すると思います」(27歳女性/事務)

一緒にいる時間は大切ですが、その時間があまりにも長いと刺激がなくなってしまいます。

そんな場合は、ちょっとお互いに離れてみる期間があってもいいかも。

その時期は自分磨きに力を入れて、再会したときに新しく身につけた知識や体験を話してみましょう。

「やっぱりこの人といる時間は楽しいな」と思ってもらいやすくなるはずですよ。

倦怠期の勢いで別れないで!

倦怠期というのは誰にでも起こりうるもの。

しかし、そこで別れてしまうのはもったいないです。

誰にも起こりうるものだからこそ、誰にでも乗り越えられるものともいえます。

別れて後悔するくらいなら、まずは今回ご紹介したことを、いくつか試してみてください。

ダメで元々と思えば、割り切っていろいろできるはずですよ。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)