仕事などで忙しいと、彼とのLINEなど、連絡が減ることもあると思います。

そのせいで、不安になってしまう女性も少なくはないでしょう。

とはいえ、そんなときに「どうして返信してくれないの?」「今なにしてるの?」などの文面を送ってしまうと、一気に冷められてしまう可能性も。

そこで今回は、忙しい彼に負担をかけずに癒やし、なおかつ返信をもらえる可能性もアップするLINEをご紹介します。

忙しい男性を癒やしつつ、返信確率アップするLINEとは?

あいさつ

「LINEの回数は多くないんだけど、だいたい通勤してるくらいの時間に『おはよう!今日は雨だから、この前買ったレインブーツ履いたよ!◯くんも気を付けていってらっしゃい』みたいなLINEをくれるんです。
今日も1日がんばろうと思うし、『ありがとう!』って返信もしやすいですよね」(26歳男性/証券)

定期的にあいさつを送り合うだけでも、「つながっている感」は強くなっていくはず。

なにかと忙しい社会人としては、このくらいのLINEの頻度がちょうどよさそうだな……とさえ思います。

体調を気遣う

「熱が出て自宅療養してるときに、『具合どう?』とか『ご飯食べてる?』『洗濯たまってない?行こうか?』みたいなLINEをくれたんです。
うつしちゃうといけないからお見舞いとかは来ないでって言ってあったんですけど、LINEが届くだけでうれしかった」(27歳男性/広告)

風邪など、体調不良のときってどうしても気が滅入るもの……。1人暮らしだととくに、なんだか寂しくなることもあるでしょう。

そんなときに、自分を想ってくれているのが伝わるLINEが届くと、それだけでも癒やされるはず。

少し元気が出てきたら、きっと「おかげさまで良くなったよ」なんてお返事がもらえるかもしれません。

あまりおせっかいになりすぎず、あくまでも自然な形で声をかけてあげられるとよいですね。

さりげなく労わる

「残業続きで疲れてた時期に、気になってる子が『今度、一緒にマッサージでも行きませんか?いいところ見つけたんです』ってLINEをくれたんですよね。
仕事が忙しいことは話してあったので、気遣ってくれたんだと思います。嬉しかったですね」(30歳男性/IT)

この男性曰く、「もちろん即OKしましたよ!」とのこと。

やはり、なにげない優しさが疲れた体とこころにはなによりも沁みるもの、なのかもしれませんね。

ポイントは「押し付けない気遣い」

相手が多忙だと、LINEを送るにも躊躇することもあるかもしれません。

それでもやっぱり寂しさを感じる場合、大切なのは「相手への気遣い」と「決して押し付けないこと」です。

よほど悪い印象をもっていない限り、あなたとのLINEを負担に感じなければ、なるべく時間があるときに返信しようと努力してくれるはずです。

気遣いつつ、返信しやすいLINEを心がけてみてくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)