誰にでも触れられたくない、「地雷ワード」ってなにかしらあるのではないでしょうか。

不用意に彼の地雷を踏んで、怒らせてしまったりケンカになったりするのは避けたいでしょう。

そこで今回は前編に引き続き、男性の12星座別に触れてはいけない「地雷ワード」と、踏んでしまったときの怒り方をご紹介します。

彼がどんな話題で怒るのか、あらかじめ知っておけばケンカを回避できるかもしれませんね。

【後編】彼の星座で占う!触れてはいけない「地雷ワード」と怒り方

てんびん座の彼(9/23~10/23生まれ)

地雷ワードは、「とくに意味はないんだけど……でもなんていうか……」

てんびん座の男性は聡明で、なにごとも迷いなくサッパリキッパリ捉える傾向があります。

優柔不断な態度を取られるとイライラしますし、無意味なことに時間を費やすのが大嫌い。

でも、もともとクールで感情的になるのは大人げないと考えるため、怒りをわかりやすく表すことはないでしょう。

「一緒にいてもムカつくだけ」と思えば、自分から距離を取って関わろうとしなくなるはずです。

彼の地雷を踏んでフェードアウトされる前に、あまり意味のない会話は避けてみて。

さそり座の彼(10/24~11/21生まれ)

地雷ワードは、「そこまでやらなくてもいいでしょ。時間がもったいない」

凝り性な一面があるさそり座は、好きなものや興味を持ったことにのめり込みやすいタイプ。

他の人が真似できないレベルまでこだわることが珍しくありません。

しかも、そこまで熱中する自分が他人の目にどう映るのかを、あまり気にしないはず。

本人も自己満足と自覚しているところがあるので、「そこまでやらなくていい」と言われれば、「ほっといてよ」と気分を悪くするでしょう。

激しい怒りをあらわにしなくても、近寄りがたい雰囲気を漂わせるようです。

いて座の彼(11/22~12/21生まれ)

地雷ワードは、「こんなこと本気でやるつもりですか?」

いて座の男性は、自分が真剣になっている場面で生ぬるいことを言われるのが大嫌いな傾向があります。

「真面目にやる気がないなら出ていけ!」と激しく怒りだすでしょう。

イライラを胸にしまいこむようなことはしません。

でも、大して思い入れのないことでダラダラする人を見かけてもなにも言わないはず。

いて座の場合、自分と同じテンションで走ってくれない生ぬるさが嫌いなだけで、つねにキチンとしていないと気が済まないわけではないのです。

場合によっては、気分次第で怒ってしまうこともありそうです。

やぎ座の彼(12/22~1/19生まれ)

地雷ワードは「とりあえず適当にやっちゃって大丈夫だよ」

真面目なやぎ座の男性は、仕事や頼まれごとを中途半端にする人が許せないことが多いでしょう。

自分が真剣に取り組むものほど、いい加減に扱われたくないと考えるタイプ。

しかも、怒りモードのやぎ座はただ感情を爆発させるのではなく、間違いを厳しく正すというスタンスを取ります。

論理的に詰めていくので、相手は反発できず追い込まれていくはず。

不愉快な人物は理性的に完膚なきまで潰す、というのがやぎ座の男性なのです。

みずがめ座の彼(1/20~2/18生まれ)

地雷ワードは、「それおかしいよ。だって、普通はこうだもん」

なにごとも『俺流』が多いみずがめ座の男性。

自分が正しいと信じることに対して、一般論を盾に反論されるとカチンと来てしまいます。

強い口調でまくしたてたり、急に他人の顔をして距離を置いたりするでしょう。

ただ、本人は怒っている自覚がないことも多く、「俺は自分の考えを述べただけ」「分かり合えない人と仲良くしても意味がない」とクールに考えるはず。

はた目には機嫌が悪いときは手に負えなく見えるのですが、みずがめ座男性としては淡々としているつもりのようです。

うお座の彼(2/19~3/20生まれ)

地雷ワードは、「わたし的には、そうじゃないんだよね」

うお座には共感力がすぐれている人が多く、他人の気持ちを汲むのも上手。

他人をむやみに否定したくないので大抵のことは受け入れますが、あまりに強い主張をする人にはウンザリしてしまうかも。

世界は自分を中心に回っていると考えるような自己チュータイプには、うお座男性もイライラを募らせます。

とはいえ、根本的にやさしい性格なので、声を荒げることは珍しく、胸のうちで静かに怒りを燃やすでしょう。

彼の地雷ワードを心得て回避して

言われてカチンとくるポイントは人それぞれのよう。

一見怒っているように見えないのにじつは内心キレていて、ある日突然爆発してしまう……なんてタイプもいます。

不要なケンカやすれ違いを避けて、円満な関係を続けられるように、彼が嫌がるポイントはぜひ把握しておきましょうね。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)