シャイな男性の愛情表現って借りにくいなんてわかりにくいなんて思ったことありませんか?

とくにシャイな旦那さんを持つとストレートなことはいってくれず、愛も冷めてしまったかななんて勘違いしてしまうことがあるかもしれませんね。

でもそれはシャイなだけかも。

そこで今回は、シャイな夫がしている愛情表現をご紹介します。

妻が大好き♡シャイな夫がしている愛情表現4選

自由な時間をあげる

「家事をしていたり、子どもの面倒を見ていたりするとストレスもたまると思うんですよ。だから、月に何回かは『飲みに行ってくれば?』って声をかけています。

そのときは自分が子どもの面倒をみていますね」(33歳男性/営業)

奥さんが遊びにいくことに何も言わず、むしろ協力的であるといった場合、それはシャイな男性からの愛情表現である可能性があります。

「思いっきり遊んでくれば」なんていってお金を渡す男性もいるようです。

「ありがとう」をたくさん言う

「何かしてくれたときは『ありがとう』って言うようにはしていますね。そういうところって大事だと思うんで。

『愛してる』とかは恥ずかしくて言えないですけど、でも『ありがとう』の言葉のなかにそういう気持ちも込めているつもりです」(32歳男性/編集)

「愛してる」は恥ずかしくて言えないけれど、「ありがとう」なら言えるという男性の意見。

こまめに「ありがとう」と言ってくれたり、些細なことに「お疲れ様」といってくれるのであれば、それは愛情表現かもしれませんよ。

買い物に付き合う

「女性の買い物って長いじゃないですか。だけど、嫁との買い物はなぜか嫌じゃないんですよね。結局自分は荷物持ちになるはめになるんですけど、嫁と一緒にいられるならいいかなって思ってます」(35歳男性/事務)

男性が興味のないことにも付き合ってくれるという場合、それこそがシャイな男性からの愛情表現かもしれません。

たとえば興味のないショッピングに付き合ってくれたり、不慣れな家事を手伝ってくれたりする場合、あなたが好きだからという理由が隠されているのでしょう。

時間を作る

「仕事が忙しくても家には仕事を持って帰らないようにしてますね。できるだけ、嫁といる時間を作るように努力はしています」(30歳男性/デザイナー)

どんなに仕事が忙しくても一緒にいる時間を作るようにしているという男性もいました。

日曜は疲れていつも遅くまで寝ているといった場合、それは休日の時間を一緒に過ごすために夜遅くまで仕事をしているからかもしれませんよ。

もしかしたら愛情表現かも

シャイな男性の愛情表現はわかりにくいですよね。

しかし、そういった旦那さんの話を聞いてみると、しっかりと奥さんを好きだという気持ちが伝わってきます。

彼の愛情表現を見逃さないでくださいね。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)