気になる彼といい雰囲気になってくると、告白までのあと一歩が欲しくてつい駆け引きしてしまうことってありませんか?

「早く告白してほしい」という気持ちがあっての行動ですが、男性にとってめんどくさいと思われる駆け引きもあるよう。

そこで今回は、男性がめんどくさいと感じる間違った駆け引きをご紹介します。

ちょっとズレてる…男性がめんどくさいと感じる間違った駆け引き

突然そっけない対応になる

「今いい雰囲気になってる子とは同じ部署で働いてるから毎日顔を合わせるんですが、ある日突然態度がそっけなくなった……。

そのときは俺への興味がなくなったもんだと思ったので連絡も取らず放置してましたが、またしばらくして彼女のほうから連絡があって。『俺の反応見たかっただけか』と思えるくらい、何事もなかったかのようにまたアピールしてきます」(25歳/通信会社)

男性側の反応を見たいからとそっけない態度をとる駆け引きは、男性の印象をダウンさせることも。

急に変わった態度に焦って気にかけてくれる、というのはすべての男性に当てはまるものではありません。

この場合は態度の変化という駆け引きなしに、そのまま良好な関係を続けたほうが良さそうですね。

まわりくどい探り方をしてくる

「デートの少し前に、男友達から『○○さんからおまえのこと聞かれたよ』と言われ……。どうやら俺の友達から情報を集めていたようです。

いざデートのときに『○○くんはアクション系の映画好きそうよね』と言ってましたが、それって友達に聞いて知ってた情報じゃん……。

素直に『友達から聞いたんだけど』って言ってくれればいいのに、正解を知らずに当てましたみたいな流れ作るのはやめて!」(24歳/旅行会社)

まわりくどい探り方を苦手とする男性は多いもの。

相手のことを知りたいなら、直接本人に聞くのがベター。

そのほうが「会話を楽しむ時間を作れる」というメリットもあります。

質問するときは相手にわかりやすく聞くように!

「結局どうしたいのかわからない」と男性に思われるようでは、そのうちめんどくさがられてしまいますよ。

「モテてます」アピールをしてくる

「知り合って2ヶ月くらいの女の子、もちろん好意があるからやりとりを続けているんですが……俺としてはもう少し時間をかけたいと思ってます。

でも彼女はじれったいんでしょうね。『この前久しぶりにナンパされた!最近よく声かけられるんだよね』とか、モテてますアピールしてくるんですよ。焦ってる感じがすごい」(24歳/自動車メーカー)

こちらの女性の場合、男性側からの告白を早めるのが狙いのよう。

「私はこんなにモテる女なの」とアピールすることで、相手の告白を誘う駆け引きです。

ここで男性側が告白を急げば狙い通りなのですが、人によっては「この子焦ってるな」と冷めた目で見る男性も。

恋愛のペースは人それぞれ違います。相手にも自分のペースがあることを忘れないでくださいね。

駆け引きが苦手な男性もいるよう

恋愛の駆け引きに男性がめんどくささを感じる可能性があることを忘れずに!

駆け引きなしの直球勝負のほうが、男性側にとって印象が良く告白が早まるきっかけになることもあるのです。

今の恋愛に駆け引きが必要かどうか、2人の関係を振り返ってみてはいかがでしょうか。

(愛カツ編集部)