「女の恋は上書き保存、男の恋は別名で保存」とよく聞きますが、男性が昔の彼女のことを思い出すきっかけは、ほんの些細なことのようです。

大好きな彼が元カノのことを気にしていてイライラな人も、復縁を狙っている人も必見です!

今回は、男性が元カノを思い出すきっかけをご紹介します。

今、なにしてるのかな…男性が元カノを思い出すきっかけ

今の彼女とケンカしているとき

「元カノなら絶対にケンカになったり、怒られたりしないようなことで今カノがキーキー怒ってるときは、元カノのことを思い出すというか、比べちゃいますね」(25歳男性/飲食)

目の前でキーキー怒っている今カノを前に、元カノの優しくかわいかった面を思い出したり、「あいつとだったらこんなときどうしたかな」などと現実逃避してしまう男性も多いようです。

元カノにも嫌な面やあわない面があるから別れたはずですが、こんなときは不思議と、嫌な面より良かった思い出に目が行くようです。

思い出の場所に行ったとき

「初デートの待ち合わせ場所とか、二人で行ったカフェとか、思い出の場所を通ると元カノの顔が浮かびます。『今なにしてるのかなあ』と思ったり、楽しかったデートを思い出して懐かしくなります」(28歳男性/IT)

一度恋愛関係にあった相手のことは、ひどいケンカ別れや浮気などのトラブルでもない限り、男性のなかではいい思い出になるようです。

このケースのように「ふとしたきっかけで」「よいことばかりを」ちょこちょこ思い出すという人も多いです。

「モテる・愛される」とは男性にとって「優れた生き物として認識される」ということ。

自分をそのように認めてくれた女性のことは、特別なものとして残りやすいのでしょう。

付き合っていたときの香り

「元カノが『香りでその人を思い出すことってあるよね』って言うから買った香水があるんです。会えないときも自分を思い出してほしいから。今、その香水をつけると、むしろ僕が元カノのことを思い出しちゃいます。」(29歳男性/広告代理店)

香りのせいで、一瞬で思い出がよみがえる経験は女性にもありますよね。

よくあるケースでは元カノと同じ香水の香りで、付き合っていた当時を思い出すこと。

それ以外にも料理の香りや、ドライブ中の車内なども思い出を呼び起こす効果があります。

香りに関してはいいことも悪いことも記憶に残りやすい分、「香りの思い出=いいもの」とは言い切れないけど、思い出したときのインパクトは強めのよう。

彼女のSNSを見たとき

「付き合ってるときはお互いのSNSはフォローしないようにしてたんです。でも、彼女は『出かけたところにタグ付けした』みたいな、今思えば探すヒントになるようなことを言ってました。

別れてから探してみたらすぐに見つかって……。いまでは見るのをやめられません」(30歳男性/建設)

「恋人のSNSは見ると不安になることもあるから」と、お互いをフォローしていない人たちも結構います。

でも、そんな彼らも、内心では相手のSNSにかなり関心を持っていることも。

親しい仲なら、少しの手掛かりでアカウントが特定できることもあります。

堂々とフォローしたりはできないけど、こっそり眺めては『かわいくなった』『今彼氏いるのかな』なんて一喜一憂することもあるようです。

些細なきっかけで思い出すよう

別れた恋人のことなんてそうそう思い出さない女性と違い、かなり頻繁に元カノを思い出す男性も多いようです。

復縁希望なら、タイミングをうまく狙えば意外とスムーズ!なんてこともあるかもしれません。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)