男性と女性では、物事に対する考え方やとらえ方が異なるもの。

とくに恋愛においては、その違いが顕著になりやすいようです。

とはいえ、その溝があまりにも大きいと、うまく接することもできなくなることも……もし気になる男性との間に大きなずれが生じたら、それはもったいないですよね。

そこで今回は、男性が「どうしても理解できない」と思う女性の言動についてまとめてみました。

いったい、どんな言動があるのでしょうか?

【わからん】男性が理解できない「女の生態」言動編

脱線しまくる話題

ひとつの話をし終わる前に、違う話が始まって、そこからまた別の話に派生して……。

年齢を問わず、女性同士の会話には、こうした傾向がみられるように思います。

女性同士の会話ではありがちなことかもしれませんが、男性は話が脱線しまくることに理解ができず、混乱することもしばしば……。

また、話の途中で腰を折られて、そのまま自分の話にすり替えられたりした際には「いい加減にしろよ」とあきれることもあるでしょう。

気になる男性と会話をするときには、ちゃんと「2人の会話」してキャッチボールを意識しておかないと、「もうこの子とは話したくない」と思われてしまいますよ。

なんでもよくない「なんでもいい」

「何が食べたい?」と聞いて「なんでもいい」と言ったので、「じゃあラーメンにしよう」と言ったら不満そうな顔をする……。

このように、「なんでもいい」と言ってはいるものの、実際は「なんでもいいわけではない」というのは女性にはよくあるこ都のように思います。

とくにこれといって食べたいものがないのであれば、「なんでもいい」と丸投げにしてしまうよりも、2人で一緒に考えるという形にしたほうが、お互いに無駄なイライラなどを感じずに済むかもしれませんね。

難易度SSS「言わなくてもわかって」

難易度SSS「言わなくてもわかって」

男性に対して「それくらい言わなくてもわかってよ」と言ったこと、あなたにもあるのではないでしょうか。

しかし、そんなことを言われても、「言ってくれなきゃわかるわけがないじゃん」というのが男性の本音。

男性のコミュニケーションは直接的なものも多いためか、「察する」のが苦手な傾向にあるようです。

そのため、お互いに平行線のままで、ただただ困ってしまうことも……。

「わざわざ言葉にしなくても通じ合えている」ことを「思いやり」や「愛情」と捉えることもあるかもしれません。

しかし、それは男性にとっては超高難度のご注文……面倒でも、しっかりと伝えてあげればコミュニケーションは円滑になるはずです。

まるで嵐?感情の起伏の激しさ

多くの男性に共感を得られると思うのですが、最も苦手な女性のタイプは、「すぐに怒り出したり、突然泣き始めたりする女性」ではないでしょうか。

女性からすると、そこには明確な理由があったり、いろんなものが積み重なってそういう状態になっているのだと思います。

しかし、それはおそらく「伝わっていない」ので、男性にはなかなか理解されないものなのでしょう……。

せめて、「なぜ怒っているのか」だけでも、ちゃんと話してあげてください。

女心は難しい…

「女心」は、男性にはどうしても理解ができないものです。

ただ、ちゃんとコミュニケーションさえ取れていれば、誤解や揉め事を生むようなことは少なくなります。

ちょっとめんどくさいかもしれませんが、日頃から「私はこう思っている」ということを、しっかりと伝えていってもらえると良いのかもしれません。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)