浮気の言い訳で「つい魔が差して……」ってフレーズ、聞いたことありませんか?

その「魔が差してしまう瞬間」を彼女が把握していれば、彼が浮気に走る可能性が減るかもしれません。

そこで今回は、そんな瞬間について男性意見をリサーチしました!

理想の女性に出会ったとき

「この前キャンプで、推しのアイドルそっくりな子がいたんですよ。
推しに会えることはないと割り切ってたけど、この子ならイベントで仲良くなればイケるかも……って思った。
理想の容姿の人に出会うって、気持ちが揺らぐから危険だわ」(25歳男性/飲食)

自分のタイプがはっきりしている男性ほど、より理想に近い女性には弱いもの。

この男性の場合は、理想の「容姿」に魔が差したわけですが、理想の「性格」の場合も同じ展開になる可能性があります。

自分を偽ってまで彼の理想に近づける必要はありませんが、多少は彼の理想の要素を取り入れてみるのはアリかもしれません。

親身になって話を聞いてくれたとき

「仕事で大きなミスをして落ち込んでいるときに、親身になって話を聞いてくれた女性に心が揺れました。
もちろん彼女が聞いてくれないわけじゃないけど、くらべると差が大きくて。
彼女だったら、たぶん『そっかー、大変だね』って適当に流すと思う」(26歳男性/証券)

トラブルにより落ち込んでいるとき、やさしくされてグラッとくる男性は多いよう。

より真剣に話を聞いてくれる女性に、惹かれるのでしょう。

最近、彼とちゃんと向き合えてないな……という女性ほど、要注意。

時間を作ってでも、彼と話す時間をたくさん作っていきましょう。

プールでスタイルの良い美人を見たとき

プールでスタイルの良い美人を見たとき

「この前彼女とプールに行ったとき、周りにいたのがけっこうスタイルいい子ばかりで。
彼女は太ってるわけじゃないけど、付き合いたての頃より体のラインがふっくらしてきてて……。
もともと引き締まった体型がタイプの俺にとって、プールは誘惑がいっぱい」(25歳男性/運送)

男性が、スタイル抜群の女性にばかり目をやってしまうのは、仕方のないことかもしれません。

ただ彼女のスタイルとの差が大きすぎると、つい魔が差してしまうことがあるようです。

彼からずっと愛され続けるために、適度な自分磨きは必要かもしれませんね。

気遣いや努力を彼に見せてみて!

ご紹介したどの例も、彼の魔が差してしまうのは「彼女と比較した瞬間」です。

ただ無意識のうちにくらべてしまうのは、ある程度は仕方のないこと。

そこから彼の気持ちが自分に向き続けるようにするには、日頃の気遣いやちょっとした努力を彼に見せるのがポイントです。

彼に「やっぱり彼女が一番!」と思わせましょう。

(愛カツ編集部)