一緒に遊ぶことも多いし、お互いに好きっぽい感じはある……だけど、告白がない。

付き合ってるのかわからない……そんなあいまいな関係の男女は、少なくないようです。

このようなグレーな関係だyと、相手への想いが強ければ強いほど、遊びなのかな……と不安になることも多いのではないでしょうか。

今回は、「付き合って」と言ってくれない男性の本音を探ってみました。

あいまいな関係…告白してくれないのはなんで?彼の本音は

引っかかるところがある

「一緒にいて楽しいけど、言葉遣いとかがあんまり好きじゃなくて……
彼女にするなら、一緒にいて楽しいだけじゃだめかなって思ってるんで、告白はしないと思います」(21歳男性/フリーター)

「恋人にしたい人」の条件って、ひとそれぞれ違います。

彼がどんな女性を求めているのか知ることも大切なのです。

外見だけではなく内面の魅力を求める男性も多いので、外見も内面も磨く気持ちが、彼女の決め手となるのかもしれません。

結婚願望がないため

「いままで結婚したいと思ったことはないです。
ただ年齢も年齢だし、付き合うと結婚を期待させてしまいそうで……だから、あいまいな関係のままでいます。

この後しばらくは、結婚したいとは思わないんじゃないですかね。
もしそう思えるときにそばにいてくれたらうれしいですけど、そうもいかないですよね」(30歳男性/経営者)

年齢を重ねるほど「付き合う=結婚」という考えが強くなりがち。

それは男性も同じようで、「結婚を求められるのは怖い」というご意見も目立ちました。

結婚したい場合、結婚願望がない男性に深入りすると時間の無駄になってしまいます。

結婚願望があるないは、早めにはっきりさせておいたほうがお互いのため。結婚願望について軽く聞いてみてはいかがでしょう?

別れるのが怖い

「あいまいな関係なら、別れるとか別れないとか、ないじゃないですか。
でも一回ちゃんと『付き合う』と、どこかで別れるかもしれない。それが嫌なんです」(23歳男性/飲食)

別れやフラれることに憶病になり、関係をはっきりさせたくない男性も、一定数いるようです。

ただ、こう思うということは、それだけ相手の女性が好きという証拠。

グレーな関係だからと愛情を出し惜しみすると、ますます関係があいまいになることもありそうですのでご注意です!

「恋人」という関係に縛られたくない

「彼氏彼女になると、飲み会に行っちゃだめとか束縛されそうで……。いい感じの子はいるけど、まだ自由でいたいのが本音です」(26歳男性/営業)

付き合うと自由がなくなる、束縛されそうという先入観で、付き合うことに抵抗感を持つ男性も多いようです。

束縛しないタイプだとアピールすることで「この子なら付き合えそう!」と前向きに彼の気持ちを変えていけるはず。寛容な姿で距離を縮めていきましょう。

仕事がとにかく忙しい

「仕事が忙しすぎて、余裕がなくて……。付き合っても、ちゃんと相手にできないので申し訳ないなぁと」(24歳男性/自営業)

仕事が忙しいと、恋愛する余裕がないと感じる男性は多いもの。

付き合うからには大切にしたい! という真面目な気持ちもあるからこそ、あいまいな関係から一歩も進めないという方も……。

仕事が忙しい彼の場合、白黒はっきりさせることを急がないほうがいいでしょう。

彼の仕事が落ち着いたタイミングで、気持ちを確認し合うほうがいい結果につながりそうです。

あいまいな関係=遊びとは限らない

男の本音を見ていくと、付き合わない=遊びと限らないことがわかります。

彼の環境や性格、言動を踏まえて、付き合わない理由を探すことが関係進展のヒントになるはず。

彼の本音に合わせた行動で、少しずつ関係を望むものに近づけていきましょう!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)