年上のお姉さんが好き……なんて思っていても、男性はふとした場面で年齢差を実感してしまい冷めてしまうこともあるようです。

では、年齢差を感じるのはどんなときなんでしょう?

そこで今回は、男性がLINEでジェネレーションギャップを感じる瞬間をご紹介します。

【おばさんLINE】男性がジェネレーションギャップを感じる瞬間

堅苦しい言葉を使いすぎ

「以前、親しくしていただいぶ年上の女性がいました。この人のLINEが丁寧すぎ。『キレイですよね』なんて褒めると、『お褒め頂き光栄です』とか『誠に恐縮です』とか返ってくる。

最初は楽しかったんですけどね。だんだん堅苦しく感じるようになってしまいました」(29歳男性/ゲーム開発)

言葉遣いにおいて、敬語を上手に使うのは、ある程度年齢を重ねた女性なら当然のこと。

しかし、相手を窮屈に感じさせてしまうこともあります。バランスをうまくとるのも、必要な能力かもしれません。

知らないアニメキャラのスタンプ

「8歳上の女性と知り合い、連絡先を交換。見た目はまったく年齢を感じず惹かれるところもありました。ただ、LINEのやり取りで、引っ掛かる点が……。

会話は丁寧で問題はなかったんだけど、途中に挟んでくるスタンプが知らないアニメキャラなんです。子どものときに見てたんでしょうね。そのスタンプが打たれるたびに年齢差を痛感しました」(32歳男性/教師)

子どものころに見ていたアニメなどは、年齢差が出やすい。8歳も違うと、尚更でしょう。

若い人に合わせてスタンプを打とうとする女性もいると思いますが、無理に使う必要はないでしょうね。

誤字を毎回訂正してくる

誤字を毎回訂正してくる

「僕の仲のいい年上の女性は、LINEで間違った言葉を使うと、すぐに訂正してきます。たとえば、『ごめんなさい』を『ごめんください』と送ってしまうようなときとか。『すぐにごめんさいの間違いでした』と来たりします。こっちもそれぐらい理解できるじゃないですか。細かいな……と」(26歳男性/印刷)

LINEなんかは、フランクに使えるものですから、あまり細かいことを気にすると若い男性は面倒だと感じてしまいます。

自分を頭が悪いように見せたくない……というプライドの高さも感じさせてしまうかも。

毎回挨拶で締める

「職場のひと回り上の女性社員と、たまにLINEでやり取りしています。その人、いつも最後は挨拶で終わります。『おやすみなさい』は普通ですけどね、『ごきげんよう』なんていうのが使われることも。キッチリし過ぎているところに、おばさんな部分を感じてしまいます」(32歳男性/事務)

挨拶は礼儀として必要なものですが、あまりかしこまると気を使いすぎているように感じられてしまいます。

相手は年下ですから、少し適当なぐらいで接するのが丁度いいかもしれません。

LINEのやり取りに注意!

男性は、あまり年齢差を感じてしまうと、恋愛感情を抱きにくくなります。

LINEなんかのちょっとしたやり取りでも、そういった部分は出てしまいがち。

可能性を狭めてしまわないよう、臨機応変に対応できるといいですね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)