毎回すぐに破局するで場合、何か原因がある可能性が高いでしょう。

その原因がわかれば、今後の恋愛を良い方向に改善できるはず。

今回は、いつも「続かない恋」ばかりをする原因を紹介します。

【意外なところに原因あり】「続かない恋」ばかりをする理由とは?

出会ってすぐに付き合う

好きなのかまだわからない状態で、相手の勢いに流されてすぐに付き合う。

そういったことが多い女性は、恋愛が長続きしない傾向があります。

結局は付き合ったあとで、「やっぱりこの人は合わないかも」なんて感じることが多いのです。

もちろん「好きだ」と思ったら付き合えばいいでしょう。

しかし、交際するときは一度冷静になって相手を見極める目も持たないと、最初だけ燃え上がってすぐに終わる恋愛をくり返すだけになってしまいますよ。

相手への思いやりがない

長く付き合っていくうえで、重要なポイントになってくるのが、お互いを思いやる気持ちです。

そのために忘れてはいけないのが、相手の置かれている状況を考えること。

たとえば、ものすごく仕事が忙しいときに、「なんで会ってくれないの?」なんて彼女から言われたら、かなりげんなりするもの。

「自分のことしか考えていないんだな」と感じることが多かったら、「もうこの子とは一緒にいられない」と思う可能性がありますよ。

自分の気持ちが言えない

自分の意見が言えない状況が続くと、結局はそれがストレスになってしまうでしょう。

一方、男性としても、意見や考えをあまり述べてくれない彼女には、本心があまり見えないので壁を感じるところがあります。

それではお互いに思いがどんどん離れていき、そのまま別れへと向かっていく可能性があるでしょう。

好きだからこそ、相手に従おうという気持ちになるのもわかります。

しかし、きちんと意見を言い合えたり、一緒に考えたりしていける関係じゃないと、長く一緒にはいられませんよ。

ひねくれている

ひねくれている

素直に喜びや感謝の気持ちを表現できない女性とは、男性も一緒にいたいとは思えなくなるでしょう。

たとえば相談に乗ったときに、アドバイスを聞き入れなかったり、逆に否定的な言動を取られたりしたら、男性もただ腹が立つだけです。

男性の言いなりなるという意味ではなく、まずは素直に受け入れる姿勢も持つことが重要ということ。

それは、相手自身を受け入れることでもあるので、信頼関係を深めていくためにも大切な要素ですよ。

原因はふだんの言動に潜んでいる

恋愛が長続きしない女性は、今回紹介した内容に当てはまるものがないか、振り返ってみてください。

意外と、悪いくせが日常的に出ているなんてことがあるものです。

そこを改善したら、恋愛の流れは変わるはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)