付き合いはじめの期間は、すごく楽しい時間が過ごせますよね。

幸せだけど、どこか恥ずかしさもあって、一緒にいる時間すべてを愛おしいと感じる方が多いのではないでしょうか。

しかし、いつのまにか慣れてしまい、最近はなんだか彼と一緒にいても何も感じない……。

そのため、付き合いたての雰囲気を、もう一度味わいたくなることはありませんか?

今回は、彼氏と付き合いはじめの雰囲気を保つ方法をご紹介します。

【ずっとラブラブ!】彼氏と付き合いはじめの雰囲気を保つ方法とは

目が合ったらスマイルで

デート中には、目が合うこともあるはずです。

彼と目が合ったら、ほほ笑み返すよう意識をしてみてください。

付き合いはじめは、大好きな相手と恋人同士になれた幸せや、世界で一番大切な人と一緒にいる感覚が強く、自然とそれが表情にも出ているもの。

意識的に微笑めば、このときの感覚を呼び覚ます効果が期待できます。

ほほ笑むことで、その幸せをアピールできます。そして、自分自身もその感覚を忘れることなく、一緒の時間を楽しめるようになるはず。

彼も微笑み返してくれたら……恥ずかしいような温かいような、幸せな雰囲気となるでしょう。

なにかと2人で共有する

ちがうものを食べているなら、「一口どう?」とすすめてみたり、「これ交換しようよ!」と楽しい提案をしてみたり。いつでもシェアすることを意識してみてください。

それ自体はなんてことなくても、「自分の可愛い彼女のものが、自分のものになる」「それを彼女のほうから提案してくれる」というのは、男性にとっても嬉しいものです。

きっと、感じていることや気持ち的な部分も、シェアもしたくなってくるはずです。

たまにはかわいいイタズラを!

冷たいものをピトっと顔に当てたり、意味もなく耳たぶを引っ張ってみたり。くすぐったいところをツンツンするような、かわいいイタズラも◎

「なんだよ~」「やめなさい」「こらっ」なんて言われて、笑い合えれば、付き合いたてのイチャイチャモードを感じませんか?

ぜひおうちデートや、ふたりっきりのときに試してみてください。自然とイチャイチャできるようになるはずです。

デートの前日や当日の朝に連絡する

付き合いたてのときのデートは、なにが起こるかワクワクドキドキしていたのに、いまとなっては、安心しきってデートの日を迎えているかもしれません。それも愛の一面ではあるのですが……。

付き合たてのドキドキを長続きさせたいなら、デート前のLINEがおすすめです。

デートの前日に「明日はなにが楽しみ? 私はね……」と、デートで楽しみにしていることを語ってみませんか?きっと彼の気持ちも盛り上がって、いいデートになるはず。

朝は「いまから支度するね!早く会いたいな!」と送ってみましょう。

彼女が楽しみにしているのがわかると、彼も自然と気合いが入るもの。毎回のデートにも、ちょうどよい緊張感が漂うはずです。

ラブラブでいられるように工夫して

どんなことでも彼と一緒に楽しむ。

ひとつひとつを、思いでのアルバムに貼っていくような意識で、彼との時間を過ごしてみませんか?

彼との時間を大切に大切に扱えば、どんなに時間が経ったとしても、付き合いたての雰囲気になる刺激材料を見つけられるはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)