長続きするカップルは、お互いへの愛が強いだけではありません。

交際が長く続くように、ふだんから工夫をしているのです。

今回は、長続きカップルが相手に言わないフレーズについてご紹介します。

【言ったら即破局?】長続カップルが相手に言わないフレーズとは

「自分は昔からこうなの!」

「付き合うならお互いに合わせていくのは必要なことだと思うんです。

でも意味もなく頑なに悪いところを直そうとせず、『俺は昔からこうなの!』って言いきられると、『あぁ、一緒にやっていくのは無理だな』って悟ります」(29歳男性/アパレル)

自分を持つことは大事ですし、相手にすべて合わせれば恋愛が上手くいくわけでもありません。

しかし、柔軟な対応が必要な場合も多くあります。

自分は決して譲らない姿勢でいると、相手に「自分ばかり合わせている」と思われ、嫌われてしまう可能性がありますよ。

「疲れたから今日は無理」

「正直仕事で疲れているときなどに長そうな話を振られると、『疲れてるからやめてほしいなぁ』と思います。でもそれを素直に言っても、受け入れてもらえる可能性の方が低いでしょう。

誰だって好きな相手に自分をわかって欲しいと望むものですから。だから『疲れたから今日は無理』ってぶっきらぼうに言うのだけは避けています」(39歳男性/金融)

毎日の仕事で疲れ切っているところに、恋人の話を聞いていられないなんて思うことがあるでしょう。

その場合には、相手にしっかり事情を伝えて、休ませてほしいことを伝えれば関係は円満に進むはず。

言い捨てるような「今日は無理」は信頼関係を壊してしまうフレーズでしょう。

「いつまでも一緒だよ」

いつまでも一緒だよ

「『私たちいつまでも一緒だよね』と確認を取ろうとする相手とはいつもすぐに終わります。そういう重さが苦手でこちらが愛想を尽かせてしまうことも多くて。

こういうことを言う人って、自分で努力しなくても愛があれば大丈夫みたいに思っているところがある気がする」(26歳男性/アパレル)

好きな相手と離れたくないという気持ちから「ずっと一緒」とか「一生一緒にいようね」と言いたくなるでしょう。

しかし、これは相手に「一生愛すること」を課していると感じられる場合があります。

必要以上に重い印象やプレッシャーを与えているのを理解しておいた方がいいですよ。

相手への配慮を忘れないで

誰もが言ってしまいがちなフレーズが、意外と多かったのではないでしょうか。

しかし、たった一言で壊れてしまう可能性を考えて、危険そうな言葉を発していないか自分で確認することが重要です。

今回ご紹介した内容に当てはまるものがあった方は、彼氏への振る舞いを見直してみてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)