そんなつもりで発していない言葉でも、実は男性にショックを与えていることもあります。

下手をすると、「俺には興味がないんだな」と思われて、恋愛に発展しにくくなってしまうことも……。

いったいどんな言葉が、彼らを傷つけてしまうのでしょうか?

ショックすぎる…男性が心底「ガッカリする言葉」とは?

「誰かいい人いないかな」

「誰かいい人いませんか?」とか「フリーの男性がいたら紹介してくださいよ」といった発言は、「あなたは恋愛対象外です」と言っているのと同じことになってしまいます。

自分が恋人募集中であることをアピールしているつもりだとしても、このひと言はマイナス効果しか生まないもの。

それであれば素直に「彼氏ほしいんですよね」と言った方が、男性だってスイッチが入りやすくなるはずですよ。

「すぐに彼女できるよ!」

この一言、「それだけあなたは魅力的な男性ですよ」という意味で言っているのかもしれません。

でも、男性からすると、ちょっとどこか他人事のような言葉に聞こえてしまったりもします。

「私は恋愛対象ではないけど」とか「私は興味はないけど」といった意味合いが含まれているような感じにとらえやすいです。

「○○くんが彼氏だったら最高だろうな」といった言葉にした方が、男性の受け取る印象もプラスに働くはずですよ。

「誰か他の人、呼ぶ?」

「誰か他の人、呼ぶ?」

2人きりで遊んだり食事をしたりしているときに、「他にも誰か呼ぼうか?」と言うこともあるでしょう。

しかし、場合によっては「俺と2人きりは嫌なんだ」「俺と2人じゃつまらないんだ」などと、マイナスな思いばかりが募っていったりもするでしょう。

2人きりだと緊張するからとか、もっと場の雰囲気が盛り上がればと思っての言葉だとしても、男性にはそんな感じにとらえてもらいにくいです。

気になる男性と2人きりなら、いくら緊張しているからといっても、その貴重な時間を自分から壊すようなことはしてはいけませんよ。

照れ隠しだとしても…

気になっている男性の前では、なかなか素直な自分が出せなかったりもするでしょう。

でも、照れ隠しや恥ずかしさから不用意な発言をすると、いらぬ誤解を生むことにもなりかねないので、素直な自分を見せることも大事ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)