男性の中には積極的に「好き」「愛してる」と言えたり、手を繋いだりなどのスキンシップができる人もいれば、積極的にいけないタイプもいます。

自分の彼氏があまり積極的ではないタイプだと、ちょっと不安になってしまうこともあるでしょう。

ただ、好きなら何かしら彼女のための行動は起こします。

今回は、不器用な男性の「わかりにくい愛情表現」をご紹介します。

不器用かもしれないけど…男性が見せる「本命サイン」

「好き」に敏感

彼があなたの好きな食べ物やキャラクター、ブランドや場所など「好き」を覚えていてくれて、何かあるたびに与えてくれるのは、あなたを喜ばせたいから。

たとえば、デートに行ったとき。

彼が「だし巻き卵好きだったよね?頼もうか」と言ってくれたり、あなたの好きな場所、たとえば夜景が一望できる場所などに連れて行ってくれるのも、彼なりの喜ばせ方ではないでしょうか。

彼があなたにサービスをしてくれるタイミングがあるのなら、それは彼らなりの愛情表現と思っていいでしょう。

連絡をくれる

連絡無精でも、相手が大好きな彼女となると、男性もちょっと頑張って彼女を不安がらせないよう連絡をします。

付き合う前はそんなに連絡がなかったけど、付き合ってから1日2~3通はある、というのなら彼なりの愛情表現ではないでしょうか。

既読スルーせず必ず返信をくれるのは彼なりの愛情表現だし、誠意だと思いますよ。

先のデートについて話してくれる

普段「好き」「愛してる」とは言ってくれなくても、先々のデートを考えてくれるのは、それだけ好きだからこそ。

言葉にするのが苦手なので、行動であなたに気持ちを伝えようとしているのかもしれません。

先の予定ってつまり、「少なくともそこまでは一緒にいたい」という気持ちの表れではないでしょうか。

あなたを楽しませようとデートプランを考えるのも、彼らの深い愛情表現なのです。

忙しくても隙間時間で会う

忙しくても隙間時間で「お茶しない?」と誘ってくれたり、仕事の後に食事に連れて行ったり。

また、たとえば高熱が出て寝込んだときに飛んできてくれるのは、好きだからこそできる行動。

それだけ、あなたを大切に思っているからこそできることなのです。

言葉より行動に注目

たとえ言葉にしてくれなくても、あなたのことが大好きで大事なら、必ず行動でその気持ちを示してきます。

信じるべきは彼の言葉じゃなく行動です。

あなたの前では常に誠実でいてくれるって、最高な愛情表現だと思います。

今回ご紹介したような行動をしてくれているなら、十分な愛情表現だと思います。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)