ある日突然、年下の男性がかわいく見えてきた……

今までは何も考えていなかったけど、意識し始めたら接し方が分からなくなってしまった。

そんな女性のために、年上の彼女を持つ男性に、「彼女には、どんなアプローチをされましたか?」聞いてみました。

さりげないアプローチがカギ!年下男子の気持ちをつかむコツ

甘える・頼る

「年上の女性から甘えられるとちょっとドキッとします。
仕事でくたくたでも、『会いたいから来ちゃった』とか誘われただけでドキドキです」(26歳男性/接客)

年上だからこそ、人生経験の豊富さやデートにこなれている感じを出すのもいいのですが、甘えたり頼ってみるのもおすすめ。

ちょっとレベルが高いですが、「彼氏いるんですか?」と聞かれたときに「いないって言ったら口説いてくれる?」というように男性に主導権を握らせるというのも1つのテクニック。

物の貸し借り

「最初は漫画の貸し借りでしたね。
読んでいた漫画の『最新刊まで持ってるから貸そうか?』って言われて借りるようになったのがきっかけです」(26歳男性/編集)

物の貸し借りをきっかけにして距離を縮めるというのは定番の方法です。

貸し借りすることで定期的に会うことができますし、「どうだった?」と感想を聞けば、共通の話題で盛り上がることができます。

共通の話題もできるため、話題選びに悩むこともありません。

さりげない気遣い

「仕事で行き詰ってるときにコーヒー差し入れしてくれたり、さりげない気遣いが素敵で今の彼女には自分から告白しました。落ち着いた感じがすごく魅力的でしたね」(27歳男性/営業)

たとえば、デート先のお店を事前に予約しておいてあげたり、高級レストランに行ったら、奢ってもらわずに割り勘代を渡してあげるのもいいですね。

男性に恥じをかかせないようにしてあげたり、男性をたててあげるといいでしょう。

上品さ

「言葉使いが綺麗だったり、仕草が洗練されていたりする部分をみせられると弱いです」(25歳男性/経理)

言葉遣いが綺麗な人を好きになる気持ち、わかるような気がします。

そのほかにも、たとえば、レストランに行ったら大皿のものをさりげなく取り分けてあげたり、飲み終わったグラスを片付けてテーブルを広く使えるようにしてあげたりなど。

そういったことをさりげなくできると上品な印象に。

ちなみに、気配り上手な女性が無邪気に笑うとギャップがでて魅力が増すのでおすすめです。

大人の余裕とギャップが効果的

年上だからこそ、その余裕を見せて男性を立ててあげるのも効果的。

ですが、女性として甘えてみるというのも、ギャップがでて距離を縮めることができます。

ギャップをうまく演出して年下男性の心をつかんでください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)