ある日、突然「別れよう」という男性が、それはなぜ……?

彼らはこの言葉を口にする前にサインを送っているのだとか。

そこで今回は、そんな男性の「別れたいサイン」をご紹介します。

早期発見すれば、まだ関係を修復できるかもしれません。

早期発見して!デート中に彼が見せる【別れたいサイン】とは?

歩くスピードを合わせてくれない

付き合い立ての頃は、歩くとき手を握ったり、くっついて歩いていた場合。

いまは彼が歩くスピードを合わせてくれないなら、別れたいサインの可能性が高いです。

歩いているときの距離感イコール心の距離感ともいえます。

その距離が離れているほど、心の距離も離れているのかもしれません。

口数が減った

付き合い立ての頃よりも口数が減ったというのも、別れたいサインかもしれません。

いつ別れを切り出そうかと考えるうち、彼女との会話も上の空になってしまうことも。

また、これまでのデートや出来事を思い返して、思い出にしようとしている可能性もあります。

その場合も、目の前の彼女よりも、いままでの彼女のことを考えているため、口数が減ることがあるようです。

見送ってくれなくなった

見送ってくれなくなった

帰り際、いままでは彼女が見えなくなるまで彼が見送ってくれていたのに、いまは解散したらすぐに帰路につく……。

そんな場合も、別れたいサインかもしれません。

また、デートを「急用だから帰るね」なんて何度も早退する場合は、さらに別れに近づいているかも。

どちらにせよ、デートが終わったら彼はもう別の方向を向いています。

そのため、帰り際に彼女の後ろ姿を見送ったり、デートの余韻に浸ったりすることが減ってしますのです。

別れたいサインに早く気づいて!

今回ご紹介した「別れたいサイン」は、出る頻度によって別れたい度合が変化していきます。

まだ、たまにしかサインが見られない場合は、彼との関係修復にチャンスがあるかもしれません。

ただもし何度もサインが見られる場合は、覚悟を決めて、恋の終わりを受け止める準備をしてもいいでしょう。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)