勇気を出してデートに誘ったのに、あっさりスルーされてしまった……。そんな経験はありませんか?

もしかしたら、「社交辞令」などと勘違いされていたのかもしれません。

悲しい思いをしないためにも、男性が「本気にするのはやめておこう」と思った誘い方について聞いてみました。

え、あれ本気だったの…?男性に伝わりづらい「NGな誘い方」とは

「カッコいいですよね」

「LINEしていたときに、『○○さんってカッコいいですよね』と言われたんですけど、いつも他の人からそんなこと言われないんですよね。

絶対お世辞か、なんか怪しいやつだと思ってスルーしてしまいました」(31歳男性/教育関係)

人によって社交辞令と感じる人と、素直に嬉しいと思う人が分かれるのが「褒め言葉」です。

ひねくれた男性だと、「ただのお世辞か」としか思わないかも。

場合によっては「なにかの勧誘か……?」と身構えてしまうことも。

外見だけを褒めても、なかなか素直には受け入れられないもの。「褒める内容」を意識してみると良いでしょう。

「いつか◯◯してみたいです」

「趣味がサバゲーという話をしたとき、相手から『いいですね!いつか行ってみたいです』と返事が来たので、ああこれは社交辞令だなと思いました。
でも、あとで友達から『あの子、本当に行きたかったみたいだよ』って聞いて……わからなかったですね……」(27歳男性/IT関係)

急かすと悪いと思って「いつか行ってみたい」という言い方をしてしまう場合もありますよね。

でも、具体的な質問も入れないと、社交辞令だと思われてしまいがち……。

この場合なら「行ってみたいんでけど、女性もいますか?」「準備って何が必要ですか?」など、具体的に質問をするだけでも本気度は伝わりますよ。

もしくは「◯日空いてるんですけど、予定ってどうですか?」などもおすすめです。

「今度ご飯行きましょう」

「今度ご飯行きましょう」

「女性から『今度飲みに行きましょう』と言われたこともあります。
でも、真に受けて『いつがいいですか?』と返したら返事が来なくなるパターンが何回もあって……。
まともに受け止めてはいけないのだと衝撃を受けました」(26歳男性/インテリア関係)

「今度ご飯行きましょう」には、社交辞令の場合と、本当にご飯に行きたいと思っている場合があるから判断が難しいもの……。

とくに、過去にスルーされて傷ついた経験がある男性からすると、「これって社交辞令だと思っておいたほうがいいんだろうな」と思うのが身についてしまっているようです。

だから、「ご飯いきましょう」の一言だけではなく、具体的な日にちを聞いたり、「何料理が好きですか?」なども聞いてみましょう。

もう一言付け加えるだけで、相手にも「本当に行きたいんだ」ということが伝わるはずです。

ハッキリ伝えるのが大切!

男性の多くは、女性からのアプローチに慣れていないもの。

遠回しな表現だと、「あ~ありがとね」くらいで、本気だとは受け取ってもらえないこともあります。

悲しい思いをしないためにも、「もう一言」添えてあげてください。

なんなら「これ、社交辞令じゃないですよ!」とストレートに書いても良いくらいですよ。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)