「わかっていても、ついかまいたくなる」「たとえ恋人がいても、無視できない」

男性にはそんなふうに、「どうしても放っておけない女性」がいるようです。

今回は干支別に、男性が放っておけなくなる女性の甘え方の特徴を占ってみました。

まずは前編として、子(ねずみ)年~巳(へび)年までのご紹介です。

ぜひ、チェックしてみてください。

【前編】干支で占う!「放っておけない」女性の特徴

子(ねずみ)年生まれ

気がつくと、誰かの世話を焼いている子(ねずみ)年生まれの男性。

ボランティア精神が豊かで、困っている人を助けるのはごく当たり前です。

そんな彼の気をひくには仕事で失敗をしたとか、上司に叱られたなど「落ち込みネタ」で相談すると良いかも。

「相談があるの。話を聞いて」「どうしたらいい?」と落ち込んだ表情をしながら甘えてみて。

やさしい彼は、きっと断れないはずです。

丑(うし)年生まれ

微妙に鈍感なところがある丑(うし)年生まれの男性。

おまけに慎重なので、簡単にはふりむいてくれません。

そんな彼には、地道な努力を重ねるしかないでしょう。

彼の趣味や得意なことを調べたら、「わからないところがあって、教えてほしいの」「あなたのこともっと知りたいな」などと、なにかと押しかけては質問してみて。

最初はめんどくさそうにしていても、しだいに放っておけなくなりますよ。

寅(とら)年生まれ

声高に主張はしないけど、自分のセンスには自信を持っている寅(とら)年生まれの男性。

ほどよく流行を取り入れたファッションはお手のもの。

そんなおしゃれな彼には「〇〇さんセンスがいいから、一緒に買い物につき合ってほしいなぁ」「私に似合う服を選んでほしいの」などと、ショッピングデートをおねだりしてみて。

きっと悪い気はしないはずです。

卯(うさぎ)年生まれ

ゆるふわな癒し系に見えるけど、案外しっかりしている卯(うさぎ)年生まれの男性。

愛されるより愛したい、支えてあげたいと思っています。

とくに気になるのは勝気な女性。

ほかの男性の手は借りずに、彼にだけは素直に「お願い」「あなたには甘えちゃう」と頼ってみて。

彼限定で狙い撃ちの甘え方をすれば、どんなに忙しくても放っておけないでしょう。

辰(たつ)年生まれ

自分から口説くより、なぜか口説かれるほうが多い辰(たつ)年生まれの男性。

許容範囲も広いせいか、強く迫られると弱いよう。

ところが案外、面倒見が良く、頼られると大抵のことは引き受けてくれます。

「ごめんね、迷惑だってわかってる。でも、あなたしか頼れる人がいないの」など、ちょっと涙目で彼の袖を引き、弱々しくお願いしたら……。

きっと、迷わず助けてくれるでしょう。

巳(へび)年生まれ

女性にがっついている、と思われるのは耐えられない巳(へび)年生まれの男性。

ただ、口には出さないだけで、意外とムッツリ系なところがあります。

そのため、わかりやすく甘えられたり、しなだれかかってこられたら即座に落ちるでしょう。

「一緒に帰ろう?」と、いきなり胸が密着するように腕を組んで歩いたり、「手が冷たいから温めて」と両手でぎゅっとしたりすると、効果は絶大です。

男性の庇護欲を刺激して

基本的に男性は女性を「守ってあげたい」と思う庇護欲があります。

いかにも頼りない女性が一生懸命に頑張っている姿を見たり、危なっかしい姿にハラハラしたり、落ち込んで弱音を吐いていたり……。

そんなか弱い存在が目の前にいたら、どんなピンチもはねのけて危機から救い出す騎士のように、全力で守ってあげたくなるはず。

それは、まぎれもなく男性の本能。

その本能を刺激することができたら、恋がスタートするかもしれません。

(星谷礼香/占い師)

(愛カツ編集部)

●午(うま)年~亥(いのしし)年の男性が「放っておけない」女性って?