「そろそろ結婚したいなあ……」と思う瞬間は、男性にもあるものです。

そして、本気で将来を考えられる相手には、ある特別なひとことを伝えるもの。

今回は12星座から、男性が「結婚した相手」にだけ言う一言を占いました。

うっかり聞き逃したりしないように、チェックしておきましょう。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)までのご紹介です。

【後編】星座で占う!男性が「結婚したい相手」だけに言うひとこと

てんびん座(9/23~10/23)

【「友だちと一緒に食事しよう」】

てんびん座の男性は、仕事や友だちと結婚生活のバランスを取ろうとする傾向にあります。

そのため、結婚を考えている相手と、仕事仲間や友だちとの相性を知りたいと思うことも。

まずは会わせようと、「友だちと一緒に食事しよう」というひとことが出てくるでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

【「ずっと一緒にいようね」】

なかなか人を好きにならない傾向にある、さそり座の男性。

結婚を考えているということは、「いつかは……」なんてあいまいな気持ちではなく、現実的な思考をするでしょう。

そのため、本気で愛する相手にだけは特別に「ずっと一緒にいようね」と、将来を誓うのです。

いて座(11/22~12/21)

【「好きなら結婚するでしょ」】

「好きなら結婚するでしょ」と結婚にためらいがあまりない傾向にある、いて座の男性。

それがそのまま、結婚を考えている相手へのひとことになるでしょう。

「一生一緒にいたいから、結婚しよ」「離れるとか考えられない」と、その場で婚姻届けにサインしてしまいそうなひとことを、ズバッと言ってくれるはず。

やぎ座(12/22~1/19)

【「賃貸派?持ち家派?」】

やぎ座の男性は堅実な傾向にあるため、将来設計も無理のない範囲で行うでしょう。

結婚を考えている相手とはいえ、自分ではない他人を将来設計に組み込むわけですから、相手の家計や家族計画に関する考えを知りたいと思うのです。

よって、「賃貸派?持ち家派?」という一言が出てくることも。

みずがめ座(1/20~2/18)

【「同棲してみない?」】

みずがめ座にとっての「結婚」とは、「自分をちょっと束縛するシステム」な側面を持っているようです。

そのため、2人きりの日常がどのくらい自分にとって自由が利かないのか、を事前に知りたいと思うのでしょう。

そこで、ともに過ごすイメージを明確につかむために「同棲してみない?」、または「1週間くらい旅行に行かない?」というひとことが出るのです。

うお座(2/19~3/20)

【「僕のこと好き?」】

うお座の男性は、相手の女性を好きになるに比例して結婚への気持ちが高まるところがるようです。

結婚を考え始めるのも、わりと早い時期だと思います。

「僕のこと好き?ずっと好き?」という言葉が多くなってきたら、プロポーズも近いのではないでしょうか。

何気ないひとことのなかに…

何気ないひとことのなかに、心からの愛情が込められていることもあります。

アンテナをしっかり張っておけば、彼のいつもと違う気持ちの入れ方にも気づけるはず。

大好きな人との幸せな日々をつかむためにも、しっかりとキャッチしてくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)