長続きカップルの秘訣は「思いやり」がキーポイントになることが多いです。

もしどちらかのそれが大きすぎたり、小さすぎたりすると、関係を長続きさせるのは難しいでしょう。

そこで今回は、彼女への「思いやり」が表れる彼の言動を3つご紹介します。

彼と彼女のバランスはいかがでしょうか?チェックしてみてくださいね!

ずっとラブラブの秘訣!彼の【思いやり】が表れる言動3つ

彼女の予定にも配慮する

彼に「この日に会おうよ」と言われて、「その日はダメだめなんだ」と答えたときに、彼はどんなリアクションをしますか?

そんなとき彼が、「じゃあいつなら空いてる?」とまず彼女の都合を聞くのは、思いやりがある証拠です。

一方で「どうにかしてよ」「その日がいいんだ」と自分の都合ばかりを押し通そうするなら、考えもの。

ちょっと距離を置いて、彼の出方を見てみてもいいかもしれません。

それでも全く変わらないのなら、彼女よりも自分のほうが好きということなのかも。

予定を決めてくれる

デートのお誘いのとき事前に予定を立てたり、彼女と一緒に1日の計画を立てたりしてくれるなら、思いやりがある証拠でしょう。

一方で、無計画にいきなり「いまから行っていい?」なんて言葉が出てくる男性は、彼女が自分の思い通りに動くと確信している節があります。

それゆえに、もしその突然の誘いを断ると、文句を言ったり気分を害したりするのです。

あまりに彼の態度が変わらないようなら、彼に次のデートの計画を依頼してみましょう。

彼が計画を考えてくれるか、それとも断固拒否するか、きっちりチェックしてくださいね。

してもらったことにお返しをする

してもらったことにお返しをする

彼からのリクエストで、手料理を振る舞うこともあるでしょう。

それが日常化すると、ついやってもらえることが当たり前になっているかもしれません。

そこで「お返ししようとする気持ちがあるかどうか」は、ポイントです。

たとえば彼女がご飯を作ったら、彼は皿洗いをするとか、材料を買いに行ったら彼が支払いをしてくれるとか。

してもらったことに対し、お互いに感謝の気持ちと、少しのお返しの気持ちを忘れなければ、2人の関係は長続きしやすいでしょう。

反対に、してもらったことへの感謝どころか、文句ばかり言うようなら考えものです。

そんな彼は、彼女じゃなく、お母さんのような存在を欲しているのかもしれません。

思いやりがあれば、結婚も視野に入る

相手になにかをしてもらって、それが当たり前になるのは早いです。

そのため一見仲良しに見えるカップルでも、どちらか一方だけが思いやりが大きくなっている、つまり我慢していることも多いのです。

反対に付き合いが長くなっても、ずっとお互いを思いやれるカップルは、必然的に結婚を意識しだすでしょう。

ぜひ思いやりのバランスが取れた彼と、幸せな時間を過ごしてくださいね!

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)