恋愛には大きく分けて、2つの派閥があります。

それは「追いかける派」と「追いかけられたい派」です。

好きになった人は、自分から追いかけたい。

恋愛はいつも、追われるほう。むしろ、追いかけられると冷める……。

このように両極端な2つの派閥ですが、実は星座の導きによっても、ある程度決まっているもの。

今回は12星座から、あなたに向いているのが「追う恋」なのか「追われる恋」なのかを占います。

前編に引き続き、後編として、てんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)のご紹介です。

【後編】12星座で占う!あなたは「追う恋」?「追われる恋」?

てんびん座(9/23~10/23)

【実は「追う恋」派】

恋愛をスマートに、つまり自分の思い通りに進めたいのが、てんびん座。

コミュニケーションスキルに長けているので、男性の気持ちをコントロールするのは得意です。

追われるように仕向けがちですが、実は自分が仕掛け人。

「追う恋」派と言えます。

さそり座(10/24~11/21)

【追う派、なんだけど…】

さそり座は用心深いので、よく知らない男性に追われても、心を閉ざすだけでしょう。

片想いで好きになると、追って追って追いまくりとなります。

しかし、なかなか片想いになるほどの男性は現れず、色気に引き寄せられた男性に追われる方が多いでしょう。

いて座(11/22~12/21)

【断然「追う恋」派】

いて座は恋のハンターですから、断然「追う恋」派です。

追われてみることもありますが、それは「押してダメなら引いてみろ」をやってみているだけで、追っているのです。

追いかけまくって手に入りそうになると、急に興味を失ってしまうこともあります。

やぎ座(12/22~1/19)

【追われる方が無駄がない】

計算高いやぎ座は、追う恋よりも追われる恋のほうが、自分が優位に立てると思っているので「追われる恋」派です。

追ってくれる相手から選ぶという、無駄のなさ……!

しかし、本当に本気になったら、あらゆる手段を使って追うこともあります。

みずがめ座(1/20~2/18)

【追う方が話が速い】

好きになったとしても、相手の気持ちがはっきりとわからない以上自分が追う方が話が早い……と、論理的なみずがめ座は思います。

追いかけられたとしても、「誰? なんで?」と思うだけで、そこから進展することはなかなかなさそうです。

うお座(2/19~3/20)

【追われるのが幸せ】

やっぱり女は愛されてなんぼでしょ! と、追われる恋大歓迎なのが、恋愛大好きなうお座。

追われ求められることで、恋愛フェロモンがぐんぐん増え、とにかく幸せを感じるのです。

相手にも愛を惜しみなく見せるので、すぐカップルになりがちです。

恋の始まりはその後にも影響する?

追われて始まった恋か、追って始まった恋かが、微妙にふたりの関係に影響することもあります。

恋愛を続けるモチベーションに関わる場合も……!

自分の傾向を知っておけば、恋が順調に運ぶかもしれません。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)