気になる男性とLINEでのやり取りを楽しみたいときは、女性から送る内容も重要です。

今回は、返信しやすいLINEとそうではないLINEの違いに注目してみました。

男性たちのリアルな声もあわせて、参考にしてみてください。

【即レスしやすい】気になる男性とLINEで楽しくやり取りをするコツ

何気ない報告LINEは返信しにくい

「この前、Amazonのセールで『これが安かったから買っちゃった』というLINEが来て返信に困りました。『よかったね』くらいしか答えられないですよね」(26歳/自動車関連会社勤務)

「女性のLINEで苦手なのが、テレビが面白かったという話。自分が観ていないと分からないし、かといってリアクションが薄いと怒られるし」(32歳/配送関係会社勤務)

「今日こんなことがあったよ」という報告LINEは、男性が反応に困るメッセージ1位です。

どう返したらいいかわからないし、興味がないから返す気になれないというのが本音。

日常の何気ないことも共有したいくらい気になっている相手だとしても、彼に面倒だと思われてしまったら逆効果です。

簡潔でわかりやすいLINEは即レス可能!

「自分が詳しいことを聞いてくれると返しやすいですね。例えば『今おすすめの一眼レフの入門機はどれ?』とか」(29歳/精密機器メーカー)

「シンプルな内容の方が返しやすいです。『今日の夜空いてる?ご飯いきたい』とか、要件がわかるとなお良いです。」(26歳/アパレル販売)

用件を簡潔にわかりやすくまとめたLINEは、とても高評価です。

彼の好きなことや詳しいことに関するメッセージを送れば、きっとすぐに返信したいと思ってくれるはず!

LINEを送りたいと思ったら、どんな内容なら返信しやすいか思いを巡らせてみるのもいいでしょう。

共感を求めるLINEは控えてみて

多くの男性の脳は「問題解決型」で、女性の脳は「共感型」だと言われています。

たとえば「電車の遅延で遅刻しちゃった」という話題を誰かと共有したいとき。

相手が女性なら「それは大変だったね!」と返してくれるかもしれませんが、男性だと「もう少し早く家を出ればいいんじゃない?」と言ってくるかも。

この差で、気になる男性とのLINEや会話が弾まないなんてこともあります。

そのため、送る前に一度内容をチェックするのがおすすめ。

共感を求めるLINEになっていないか確認して、送ってみましょう。

相性がいいと思ってもらえるかも!

テンポよくやり取りできるLINEは、お互いにとって楽しいものです。

相手の送りやすさを意識するだけで、気になる彼に「この子と相性良いかも?」と思ってもらえるかもしれません。

送る前にちょっとだけ意識してみてくださいね。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)