彼女からのキスやハグ、「好き」という言葉は誰だって嬉しいし、あなたも彼が喜ぶとわかりますよね?

でも、彼氏が喜ぶのはなにもスキンシップや言葉だけではありません。

そこで今回は、じつは彼女にされたら嬉しいことをご紹介します。

これなら奥手な女性でもできるのではないでしょうか?

奥手でもできる!じつは彼女にされたら嬉しいこと

おすすめした映画を見てくれる

「彼女が映画のサブスクを契約したって言ってたから、自分の好きな映画をおすすめしたら片っ端から観てくれた。自分の興味あることに彼女も興味を持ってくれることが嬉しい。共通の話も増えるしいいね」(25歳男性/飲食)

自分の好きなモノを相手も興味を持って好きになってくれるというのは、心理的距離がより近く感じますよね。

おすすめされて「へ〜」とか「今度観てみる(たぶん観ないけど)」と流すのではなく、彼の興味ある世界をちょっと覗いた方が彼との絆も強くなるかも?

彼の部屋着を着ている

「俺がいないときに俺の部屋着を着ているそう。匂いを嗅ぐと落ち着くらしい。くさいとか思われるよりいいよね」(30歳/保険)

彼氏の匂いが彼女的にはリラックスできる香りって……彼氏からしたら嬉しいですよね。

「好き」など甘い言葉が恥ずかしくて言えないのなら、「匂いがついてて、落ち着くから借りちゃった」と彼の部屋着を借りちゃうのもいいのかも。

一番最初に頼ってくれる

「家具や電化製品が届くたびに、俺に『組み立てて♡』『設定して♡』など連絡が入る。

けど、やっぱり組み立てたり、設定してあげると『私専用のカスタマーセンターは最高だ』ってすごい喜んでくれるし、なにより一番に頼ってくれるのが嬉しい」(32歳/公務員)

彼氏としては、彼女が一番に自分に連絡をしてくれること、一番に頼ってくれることが嬉しいんです。

彼女を助けてあげられたとなると男としての自信もつくし。

なので悩みごとや心配ごとはひとりで抱え込まず、まず彼氏に相談してみるのもいいかと。

手書きの手紙をくれる

「LINEだけじゃなく、誕生日やケンカ後に手書きの手紙をくれる。仕事で忙しくてなかなか会えないときとか、仕事で辛いときとか、その手紙に励まされるね。やっぱ手書きの手紙は沁みるよ」(27歳/広告代理店)

LINEで書いて送信を押すよりも、あきらかに手紙の方が時間がかかっているので、どれだけ彼を大事に思っているか、というのは彼にも伝わりますよね。

ついでに、手紙って相手の感情を動かす力もあったりしますから。

たまにはデジタル文字じゃなく手書きの手紙もいいのかもしれません。

密かに彼も喜んでいるよう♡

シャイな彼やクールな彼なら、言葉に出して喜びを伝えることはしないかもしれませんが、密かに喜んでいたりしますよ。

スキンシップや「好き」以外でも彼を喜ばせて、愛おしい彼女になりましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)