定期的にLINEで連絡を取ったり2人で遊びに行ったり、友達より仲がいいはずなのに、はっきり恋人とは言われていない……。

そんな曖昧な関係にヤキモキしてしまう女性は多いのではないでしょうか。

2人の関係を正式なカップルにするには、きっかけが必要でしょう。

そこで今回は、実際の体験談をもとに、「友達以上恋人未満」から脱したきっかけをご紹介します。

勇気を出して!「友達以上恋人未満」から脱したきっかけ3選

「私のことどう思ってる?」と聞いた

「彼とは、会社の同僚でグループとしても個人としても仲が良かったんだけど、友達なのか恋人なのかはっきりしなくてヤキモキしていました。

しびれを切らして『私のことどう思ってるの?』って聞いたら、『……恋人と思ってもいい?』って返してくれて嬉しかったです」(26歳女性/メディア関係)

関係をはっきりさせたいときは、思い切ってストレートに聞いてみるのもひとつの手。

「私達ってどういう関係?」や「彼女なのかな?」など、2人の関係が恋人なのかどうか聞いてみましょう。

自分から告白するのではなく、2人の関係を聞く聞き方がおすすめですよ。

手を繋いでくれた

「バイト先の後輩で、すごく仲が良い子がいて。2人だけで会うこともあったし、自分としては好きだなって思っていました。ただ、相手はオープンなタイプだから他に付き合ってる人がいるのかもと思って怖かった。

でも、あるときカラオケに行ったときに、歌いながらそっと手を重ねてきてくれて。これがきっかけで、告白する勇気が出て、その日の内に告白しました!」(21歳男性/大学生)

隣に座ったときや歩いているときなど、思い切って手を繋いでみましょう。

びっくりされるかもしれませんが、彼の方も恋人になりたいと思っているなら、握り返してきたり、告白してきたりするかも。

話すときに、いつもより顔を近づけるのも◎です。

普段と違う服装で待ち合わせに現れた

「学生時代から仲が良くて、幼馴染みたいに思っていたんだけど、あるときミニのタイトスカートに高めのヒールっていう、大人っぽい雰囲気のファッションで待ち合わせ場所に現れて。

自分の意識がガラッと変わりましたね。『こんなキレイだったっけ?』とか『もう付き合ってる人がいたらどうしよう』とかドキドキしっぱなし。女性として意識するようになってから告白して、付き合い始めました」(27歳男性/営業)

友達以上恋人未満の彼と会うときに、Tシャツにジーンズのような気軽なファッションばかりになっていませんか?

ときにはドレッシーで思いっきり女性らしいファッションで彼を驚かせるのも効果的。

前触れもなく突然女性らしいファッションで会いに行ってみましょう。

一歩踏み出して恋人同士に!

振られるかもしれないことが怖かったり、単に女性として意識してなかったりと、男性が友達以上恋人未満の関係を続ける理由はさまざま。

手を繋いだり、女性らしいファッションで会いに行ったりすることは勇気がいります。

でも、2人の関係を変える大きなきっかけになるはず。

ぜひ、一歩踏み出してみてください。

(愛カツ編集部)