「家庭的なところをアピールすれば結婚できる」……というのは、ひと昔前の話。

何が婚活を成功させる魅力なのかは、人それぞれ違います。

それぞれが、自分の強みをしっかりと把握しておくことも大切です。

そこで今回は12星座から、それぞれの「結婚に向けてアピールしたい魅力」を占いました。

前編に引き続き、後編ではてんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)のご紹介です。

【後編】12星座で占う!あなたの「結婚に向けてアピールしたい魅力」は…

てんびん座(9/23~10/23)

【家庭的な一面】

てんびん座女性の魅力は、スタイリッシュな美しさ。

所帯じみたイメージはあまりない傾向にありますが、その分、家庭的な面をチラ見せするといいでしょう。

良い意味でのギャップが生まれて、男性はドキッとさせられるはずです。

また、凛とした美しさが近寄りがたいと、遠巻きに見るだけの男性もいるかもしれません。

真剣に見つめるのにアプローチしてこない人には、あえてドジなところを見せてもいいでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

【素直な愛情】

さそり座の女性は、好きになった人には情熱的な愛を注ぐ傾向にあります。

結婚すれば、不倫の心配が要らない誠実な妻になるでしょう。

そのため、愛情の出し惜しみはしない方が良さそう。

「こんなことを言ったら引かれるんじゃないか?」と遠慮する必要はありません。

素直でのびやかな愛情表現が婚活男性の心をつかむはずです。

いて座(11/22~12/21)

【明るさと繊細さのギャップ】

いて座女性の魅力は、カラッとした明るさとアクティブなところ。

また、何も考えていないように見えて、実は思考が深いというのも婚活ではアピールしたい部分です。

サバサバとした楽観的な面を見せつつ特別なこだわりを語ったり、最近気になっていることを真面目に話したりすると良さそう。

意外なギャップが婚活男性の心をつかむはずです。

やぎ座(12/22~1/19)

【かわいらしい甘さ】

やぎ座の女性は真面目でしっかり者。結婚すれば、安心して家庭を任せられる妻になるでしょう。

困難に直結しても、冷静に辛抱強く家庭を守れるはずです。

ただ、結婚は恋愛の先にあるので、時には「甘さ」を見せることが大切。

親しみやすさと話しやすさを心がけるとスムーズに婚活が進むでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18)

【こだわりを語る姿】

みずがめ座には、「自分と相手が納得するなら事実婚や週末婚でも構わない」という具合に、常識にとらわれない結婚スタイルを望む傾向がみられるようです。

そんな独特の感覚がみずがめ座ならではの魅力だといえます。

趣味や仕事のこだわりを語ると、共感できる男性とは意気投合しやすいはずです。

うお座(2/19~3/20)

【想いの深さ】

うお座の女性が婚活でアピールするべきは、共感力の高さです。

人の気持ちに寄り添うことが上手く優しいので、男性は一緒にいるだけで心が癒されるはず。

ピュアで愛情深いところは妻候補としてのポイントが高いでしょう。

ただ、繊細で傷つきやすいため、自分に合った相手を慎重に選ぶことが大事。

うお座は受け身になりがちなので、リーダーシップと傲慢な自分勝手を混同するような男性は避けた方が良さそうです。

上手に魅力をアピールしよう

恋愛と結婚は、地続きのようで別物。

ただ楽しいだけでも成り立つ恋愛と違い、結婚は日々の生活を共にするものでもあります。

そういったところで相手を選ぶのは、女性も男性も同じ。

大好きな人にとって一生の伴侶になれるよう、自分自身の魅力もしっかりと磨いていきましょう。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)