どんなに印象が良い男性と出会っても、距離を縮められないと親しくなることはできませんよね。

でも、距離を詰めるにはどのように関わっていけばいいのでしょう。

そこで今回は、男性の血液型別に「自然に距離を縮める会話」をご紹介いたします。

男性の血液型別に診断!「自然に距離を縮める会話」って?

A型の男性には

A型の男性は、基本的には会話もメールも仕事の道具と考えるタイプ。

用事があるときにのみコミュニケーションをとり、用件をキッチリ伝え、返事もきちんと返してくれるでしょう。

でも、それは世間体を大切にするA型男性の表の姿。

本当は話しかけられるのが大好きで、気になる人からLINEをもらうと、表情は抑えながらも内心ウキウキしています。

遊び心が少なく、淡々としているように見えますが、本当は感情に溢れているのです。

表面だけにとらわれないで、あなたから、彼が興味関心のある会話を切り出すように意識しましょう。

自分から距離を縮めていくのがポイントになります。

B型の男性には

B型男性の攻略最大のポイントは、「用が無くても先手先手でコミュニケーションする」こと。

B型男性にとって、相手を身近に感じられるスマホは命。

好きな相手とは日に何度もできるだけ長く話したいタイプです。

「〇〇クンの声が聞きたいなと思って」や「今何してるの?」と言えば、2人の距離も縮まるはず。

LINEなどは、絵文字やスタンプをなるべく多用するのが吉。

用件だけの内容はNG、返事も速攻で返すのが鉄則でしょう。

O型の男性には

O型男性は、その場のノリや勢いで対応するタイプなので、電話や対面でのコミュニケーションが中心。

最初は用件のみの付き合いですが、親しくなると気分で話しかけたり、相手の都合を無視したりするコミュニケーションもアリ。

でも、外ではマナーにうるさく、それをわきまえないタイプは苦手でしょう。

大切なことは“直接会って”が信条なので、大事な局面では必ず顔を突き合わせてお話をしましょう。

メールのやり取りよりも、はるかに距離を縮められるはずです。

AB型の男性には

AB型の男性はマメではなく、必要なときに用件のみ伝える事務的なタイプ。

好きな人に対しても、ご機嫌うかがいの言葉やムダ話のひとつもなく、ややクールで冷たい印象かもしれません。

電話で自分のプライベートに干渉されるのが苦手なので、ダラダラしゃべるのは避けましょう。

LINEなどはお互いの時間を拘束せずに済むのでOK。

AB型男性には相手の興味関心にリーチできるような内容をテーマにすれば距離が縮まるはず。

絵文字もどちらかというと控えめなほうがいいでしょう。

相手の気持ちを考えてみると…

男女のコミュニケーションは、同性同士と異なりどこか「駆け引き」が含まれています。

ちょっとした言葉の端に好意のサインを匂わせれば、相手の気持ちを自分に引き寄せられるはず。

自分の「こうしたい!」という気持よりも、相手の「こうして!」と求めているところにリーチすることが大切なのかもしれません。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)