男性も「結婚」を考えはじめると、付き合う相手との関係が慎重になります。

生涯を共にする相手は、本当にこの子でいいの……?

彼がそんなことを考えたとき、最終的に選ばれるのはどんな女性なのでしょうか。

そこで今回は、男性が「生涯のパートナーにしたい」思う女性の特徴をご紹介します。

ずっと愛される!男性が【生涯のパートナーにしたい】と思う女性って?

女性側から割り勘を提案してくれる

「いまの彼女は『じゃあ、1人だいたい2000円くらい?』と、自然に割り勘を提案してくれるんです。
やっぱり男から『○○円出して』って言いづらいから、相手から言ってもらえるのは助かる。安心して付き合えるポイントの一つです」(31歳男性/経理)

「彼女には、いつも割り勘にしてもらってるから、記念日とか特別な日は任せて!って思う」(25歳男性/営業)

女性から割り勘を提案すると、男性はホッとすることがあるようです。

この1人目の女性の場合は、端数など細かすぎる割り勘にしなかったのも好印象ポイントでしょう。

男性のタイプにもよりますが、アバウトな割り勘を提示しつつも、おごってもらえるときは素直に甘えるのがポイント。

彼が多く払ってくれた場合は、ときどき小さなプレゼントをするなどしてトントンにするのもオススメです。

きちんとあいさつができる

「映画館にデートでいったとき、隣の座席の人に『隣、失礼します』とあいさつしていたので、きっといい子だなって確信しましたね」(26歳男性/自営業)

「一緒にツアーにいったとき、ガイドさんに『よろしくお願いします』とあいさつしていて、将来を考えるならこういう子だなって思いました」(28歳男性/営業)

あいさつをするって、当たり前のようで徹底するのは難しいもの。

だからこそ、きちんとあいさつできるだけで好印象を与えやすいのです。

人の気持ちを気遣える印象を与えることがあり、男性から見ても、自然と将来を考える相手になりやすいのでしょう。

デートの時間を大切にしている

デートの時間を大切にしている

「仕事のメールをきっかけに、しばらく彼女に仕事の話をしていたら『デート中だから、仕事の話はおしま~い!』と言われてしまいました。
でもデートを大切にしているんだなと感じて、うれしい気持ちになりました」(27歳男性/営業)

「デート中に女友達の話をしたら『他の女の子の話は禁止~』と嫉妬気味にいわれ、キュンとしました。
この子を大切にしようとも改めて感じましたね」(29歳男性/アパレル)

彼と過ごす「デートの時間」を大切にしていることを伝えるのも、彼にもっと愛されるコツ。

意見を伝えるときは、露骨に嫌な顔をしないのがポイント。

甘えたり、冗談っぽく言ったりすると、彼の好感度をアップさせられるでしょう。

TPOをわきまえたスキンシップができる

「元カノは人前でもベタベタしてきて、恥ずかしかったんです。
でもいまの彼女は、人前では周りの目をちゃんと意識してくれるタイプなので助かります」(29歳男性/営業)

「公共の場ではあまり僕に触れてこない彼女ですが、2人きりになると思いっきり甘えてくれます。大好きです(笑)」(25歳男性/制作)

いまこの場所が、スキンシップをしていいシチュエーションなのか。

それを見た人がどういう気持ちになるのか。

このようなことを踏まえ、しっかり大人の対応ができれば彼も安心してお付き合いができるでしょう。

また、この感覚が彼と合うかどうかも重要なポイントです。

安心感とドキドキ感のどちらも大事

TPOをわきまえたれたり、あいさつがきちんとできたりと、しっかりした一面に安心感を覚える男性が多いようです。

しかし、それだけだと結婚を考えるには刺激が足りないこともあるみたい。

その刺激は、彼とのデートを楽しむなどドキドキ感から得られるようですよ。

大人としてふるまいつつも、彼に対する気持ちやデートに対しては、純粋な恋心を大切にしていきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)