「デートでの割り勘問題」は、よく耳にする話です。

おごりは当たり前ではないけれど、最初のデートが割り勘だったとき、私を恋愛対象として見ていないのかな……とも思ってしまいますよね。

好きな人にはおごってあげたいと思う男性も多いなか、「最初から割り勘」にはどんな理由があるのでしょうか?

これって脈なし?初デートで割り勘する男性が考えていること

割り勘は普通のこと

「同い年だし、割り勘って普通じゃないの?そんなにお金があるわけじゃないし、男がおごるのは当たり前と思われるのはちょっと嫌かな」(23歳男性/アパレル)

社会人1年目など、若手の男子の間には「割り勘派」が増えているという説もあります。

「年下で、学生の子にはさすがにおごったほうがよさそうだけど、社会人カップルなら割り勘でよくない?」なんて考えも。

「割り勘=脈なし」というように直結しているわけではなさそうです。

出されたので素直に受け取っただけ

「誘ったのはこっちだからご馳走したい気分はあったけど、女性もおごられることに抵抗ある人いるじゃん。
自分が嫌がられてる可能性もあるし、払うっていうからもらっただけ」(31歳男性/建設)

おごってあげたい気持ちはあったけど、女性から出されたので素直に受け取る男性もいるようです。

他にも「割り勘派の女子にしつこく食い下がって嫌がられた」経験を持つ人もいます。

その男性がケチとは限りませんし、気遣いの場合もありますよ。

長く付き合っていきたいから

「年齢的に、次に付き合う人とは結婚を見据えたお付き合いをしたいと思っています。
なるべく多く出すようにはしますけど、『おごりじゃない』って文句言うような人とは長く付き合えないかな……」(30歳男性/公務員)

完全な割り勘ではなくとも、女性も少し出してくれてもいいのでは?と考える男性もいます。

長く付き合っていきたい相手だから、変に贅沢な人は困る。

割り勘に対して抵抗感が強い子は、それまでちやほやされてきたのかなと心配になる……。

などなど、交際相手に堅実さを求める男性は「自分がやや多く払う割り勘」を好むことも。

しっかり会話が成り立っていて、楽しいデートができているのなら、割り勘はむしろ本命のあかしといえることもありそうです。

割り勘は「対等に見ている」証!

女性としては、初デートや付き合いの浅い時期くらいおごってくれてもいいのでは?と思いがち。

でも、そうしてくれないのは私に価値がないから?とまで思いつめるのは彼との仲がこじれる原因に。

「自分が楽しんだ分は自分で払う」のは考えてみれば当然のこと。

このタイプの彼は、付き合ってみると対等な仲でいられることも多いですよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)