気になる彼をデートに誘うのって、とても勇気がいりますよね。

だからこそ、彼からデートに誘ってもらいたい!

でも、どうしたら……?

そんなお悩みを抱える女性に、男性心理を踏まえて「デートに誘われる女性」の特徴をご紹介します!

彼との距離を縮めたい!男性から【デートに誘ってもらう】には?

1人の瞬間がある

ランチタイムや休憩中、あなたはどのように過ごしていますか?

もし常にだれかと一緒にいる場合、男性が「個人的な話」をするチャンスを作れないでいるのかもしれません。

そのため、あえてひとりぼっちの姿を見せてみましょう。

たとえば、飲み会の途中で「夜風に当たってくるね」とお店の外へ出てみるとか。

そうすれば、彼が2人きりのデートのお誘いをしやすくなるはずです。

隙がある

「隙」があると、デートに誘われやすくなります。

なぜなら、立ち振る舞いなどが完璧すぎると「俺なんかがデートに誘っても断られそう……」男性を不安にさせてしまうからです。

そのため、たまには苦手なことを暴露したり、素直に頼ったりしてみましょう。

そうすれば男性は「意外とこんなところもあるんだ!」と親しみを持ち、安心してデートに誘ってくれるかもしれませんよ。

特別な好意を感じる

特別な好意を感じる

誰にでもやさしいって、とても素敵なことです。

しかし男性によっては「みんなに優しいなら、僕が特別好かれているわけじゃないな……」と、アプローチをあきらめてしまうことがあるよう。

もし誘ってほしい彼がいるなら、こっそり差し入れをするなど、彼にだけ特別な好意を見せてみましょう。

予定に余裕がある

仕事もプライベートも予定が盛りだくさん!

そんな女性は、男性から見ると「デートに誘っても、たぶん予定なんか空いてないだろうな……」と感じることがあるようです。

なにかに一生懸命なのは素敵なことですが、たまにはリラックスした姿を見せるといいでしょう。

また時間や予定に余裕があることを、さりげなく彼に伝えるのもアリです。

たとえば、「先週末ヒマだったから、新しくできたカフェに行ってきた!」「休憩中、やることなくってぼーっとしちゃった(笑)」など。

彼が「ヒマな日なら、デートしてくれるかも!」と思ってくれれば、誘われやすくなるはずですよ。

ポイントは「親しみやすさ」と「隙」

多くの男性は、「この子をデートに誘っても断られそうだな」と判断すると、アプローチごとあきらめることもあるようです。

男性にそう思わせないためには、「親しみやすさ」と「隙」がポイント。

「もしかしたら、デートに来てくれるかも!」という希望が持てれば、彼もデートに誘いやすくなるはずですよ!

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)