もうすっかり過去の思い出にできたはずなのに、ふとしたときに頭によぎってしまう元カレの存在。

キレイに忘れたいのに、忘れられない……と苦しいですよね。

そこで今回は、元カレが忘れられないときの対処法をご紹介します。

やっぱり好き…元カレが忘れられないときの対処法

出会いの場に行く

「元カレをいつまでも引きずっている私にキレた友人が、強引に私を合コンに連れて行ったんです。

毎週毎週合コンに付き合わされて『そんな気ないのに……』と最初はウンザリしてたんだけど、だんだん『元カレ以外にも世のなかに男性ってたくさんいるんだ』って思えるようになり、ふっ切ることができました」(24歳女性/販売)

少々荒療治かもしれませんが、他の男の人と接する機会を設けるのも効果的。

元カレにはない魅力を持っている男性に出会える可能性が大です。

他の男性に声をかけられたり、ほめられたりすることで女性としての自信も持つことができます。

元カレの嫌なところを書き出す

「不思議なもので、別れてから時間がたつと、いい思い出ばかりが蘇って、なかなか元カレのことが忘れられなくてつらかったんです。そのことを友達に打ち明けたら『それって絶対美化されてるだけだって。イヤだったこととか、されてムカついたこととか思い出してみなよ』と言われたので、元カレのイヤなところを紙に書いてみたんです。

そしたら、想像以上にイヤなとこいっぱいあって(笑)やっぱり別れてよかった、って思えました」(26歳女性/医療事務)

キツイことを言いますが、いつまでも過去の恋を引きずっている人は多少そんな自分に酔っていたりします。

元カレのいいところばかり考えて「あんな素敵な恋はもう二度とできない」と悲劇のヒロインにひたっている……。

目をさますためには現実をみるのが一番!元カレのイヤなところにスポットを当てて思い返してみましょう。「あれ、大した男じゃなかったわ」と我にかえるはず。

あえて連絡してみる

あえて連絡してみる

「どうしても忘れられなくて、思い切って元カレに電話してみました。電話に出て、会話をしてくれたんですが、どこか他人行儀で……。そんな相手の反応で『もう元には戻れないんだ』と実感。諦めがつきました」(23歳女性/会社員)

どうしても忘れられないのなら、元カレとコンタクトをとりましょう。

人間「もう会ってはいけない」「もう連絡をしてはいけない」と思えば思うほど、会いたくなったり連絡をとったりしたくなるもの。

我慢して気持ちを引きずるくらいなら、勇気を出して電話をする方がよっぽど健全です。一度声を聞いて、言いたいことを言えたなら、案外気持ちに決着がつくもの。

人は忘れていくもの

歌の歌詞にもあるように、人は悲しいくらいに忘れて行く生き物。

今は気持ちが再熱してしまって辛いかもしれませんが、いつかは「なんであんな男のことが好きだったんだろう」と思えるはず。

今すぐ忘れたい!という方は、今回ご紹介した方法を試してみて。もし、元カレのことを一生忘れられなかったら……あなたはそれだけ深く激しく恋に落ちた、ということ。

一生ひとつの恋を心に抱いて生きて行く……それもロマンティックで素敵じゃないですか。

(愛カツ編集部)