初めてのデート、ウキウキして行ったけど沈黙が続いて気まずくなった……LINEではあんなにやりとりしてたのに、いざ会うと話せなかった……。

なんてこと、初デートではよく聞きます。

しかし初デートは、彼とこれからの関係を作っていくための大切なステップ!

そこで今回は、初デートで「盛り上がる話題」と「NGな話題」をご紹介します。

必見!初デートで「盛り上がる話題」と「NGな話題」

共通点を深堀りする

彼と共通点があったら、ちょっと深堀りしてみるとよいでしょう。

たとえばLINEで映画の話をしていたら、会った時にはもっと深い感想を言い合って距離を縮めるなど。

映画の感想ってひとつではなく、シーンそれぞれででもやっぱり感想は違いますよね。

話していて彼と同じような感想が出てきたら、そこをちょっと深く話してみると◎

実際に会って、一番大切なのは「お互いの共感の姿勢」です。「あのシーンであのセリフだと、私ならすごくうれしい!」などの「好き」の感覚を合わせてみて。

心の距離感を近づけていくと、自然にふたりの距離は近づいていきますよ。

目を見て話す

LINEでは、なかなか深い話はできませんよね。

顔が見えないから、「こんな話題はやめておこう」とか「ちゃんとした言葉遣いをしよう」とか思っていて、お互いに、なかなか本音も見えてきません。

しかし実際に彼に会うと、距離がグッと近くなることを感じられるはずです。

それは、「相手の目を見て、顔を見て話すことができる」から。

実際に面と向かって話すのは緊張するかもしれませんが、ゆっくりでもいいのであなたの正直な気持ちを話していきましょう。

正直に話しすぎる

自分のすべてを知ってほしいからといって、自分の正直な心の内をそのまま話すのではなく、ちょっとかわすのも大切。

初デートでこれまでの生きざまや、今までの人生で嫌だった感情を聞かされると、彼もドン引きです。

ここはひとつ自分の感情をあまり出さないことで、品よく見せることを心がけましょう。

家の場所や会社など自分身の回りのことを、詳しくいうのは初デートでは避けた方がいいでしょう。

こういう変えられない部分は後から言うのでも、ぜんぜん相手が不快になりません。

次につなげるために

初デートで楽しかったね!とお互いが思えるのは、相手との距離が縮まったと感じるときです。

一番いいのは、盛り上がったところでサヨナラするのが理想ですね。そうすると、「また会いたい!」と自然にお互いが思えますよ。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)