恋人同士でも冷めてしまうこともあるのだから、結婚していつも一緒にいるとマンネリするのは避けられないことなのかもしれません。

とはいえ、それはなにも対策をしなかった場合の話。

いつもとは違う新鮮な言動を取り入れることで、関係を温め続けることができるのです。

そこで今回は、男性の12星座別に「冷めていた妻に惚れ直す瞬間」を占いました。

まずは前編として、おひつじ座(3/21~4/19)〜おとめ座(8/23~9/22)までをご紹介します。

【前編】男性の星座別!冷めていた妻に惚れ直した瞬間って?

おひつじ座(3/21~4/19)

【頼ってくれたとき】

おひつじ座の男性は、結婚すると、面倒事をうまく避けようとするところがあります。

そのため、パートナーにはしっかり者であってほしい反面、ブツブツ文句を言われたくないでしょう。

そんな彼には、「頼りがいあるよね」とアテにしてみましょう。頼られると自信を感じ、あなたを守りたいと思うはず。

おうし座(4/20~5/20)

【家事を頑張ってくれたとき】

おうし座の男性は大人しいわりに、家事のこととなるとかなり神経質な部分が出てきます。

少しマザコンなところがあるので、自分の育った家庭環境と似たような家庭像を望むのかも。

そのため、炊事・洗濯・掃除などを頑張る姿を目の前でアピールすれば、惚れ直してくれるはず。

ふたご座(5/21~6/21)

【自由にさせてくれたとき】

ふたご座の男性は「脱・体育会系」の性格で、一生懸命な人を見ると暑苦しいと感じるかもしれません。

いくら夫婦であっても、お互いのパーソナルスペースを大切にしたいと考えるので、常に一緒にいることは好みません。

そこで一度プライベートに干渉せず、自由にさせてみましょう。そのうちきっとあなたを気にしだすはず。

かに座(6/22~7/22)

【ねぎらいの言葉をかけてくれたとき】

かに座の男性は、家族のために懸命に働き、生活を安定させることを第一に考える、夫の鏡。

しかし、感情的になりやすく、すねると自分の世界にこもりがちなところが。

そのため、ときには優しい言葉をかけることが必要。日頃頑張っている彼に対して、ねぎらいの言葉をかけてみましょう。

感謝されることでより、あなたのために頑張ろうと思ってくれるはずですよ。

しし座(7/23~8/22)

【甘えて、おだててくれたとき】

しし座の男性は、一見ハデ好みの性格ですが、内心は出世のこと、家族のこと、将来のことなどさまざまなことを考えています。

そして「パートナーのかわいらしさ」をとても重要視しています。いつも自分に厳しい彼は、誰かに認めてもらいたいという思いが人一倍強いのです。

あなたが甘えておだてれば、かわいい一面にキュンとするはず。

おとめ座(8/23~9/22)

【本気でアドバイスしてくれたとき】

おとめ座の男性は、心配性で自分の選択に自信がないところがあります。

そのため、自分に真剣に向き合ってアドバイスをくれるパートナーに対して、とてもありがたさを感じるでしょう。

あなたが本気で彼のためを思って、気づけていないことを伝えられれば、惚れ直すはず。

愛され続ける妻になろう

結婚当初の気持ちを持ち続けるのは、男性に限らず女性にとっても難しいこと。

恋の始まりの甘酸っぱい気持ちが変化しても、違う種類の親愛の情を持ち続けてもらえるように、今回の記事を参考にしてみてください。

旦那さんに愛される努力をすることはつまり、家庭の円満や、人生の幸福度の向上にもつながりますよ。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

●てんびん座~うお座までの男性が冷めていた妻に惚れ直した瞬間って?