あなたは、「おじさんLINE」という言葉を聞いたことはありますか?

古臭い絵文字が並んでいたり、語尾が謎にカタカナになっていたり……女性を中心に、若い世代がうんざりしてしまうようなLINEが、俗にいう「おじさんLINE」です。

そして、この「古臭い文面のLINE」には、おじさんがあるならおばさんもあるんです……!

男性が「おばさんっぽさ」を感じるLINEとは、いったいどのようなものなのでしょうか?

【おばさん注意報】男性が「ドン引きするLINE」とは?

一方的すぎる

自分の話したいことだけを、ベラベラと一方的に送り続けてはいませんか?

これはまさにおばさんがよく取る行動の1つ。

お母さんたちの電話や井戸端会議が長いのは、これが積み重なっているからだと思います……。

もしLINEでも同じように「自分の言いたいこと」や「話したいこと」だけを送っているのであれば、注意したほうがよさそうです。

それがどうでもいいような内容だったり、全く興味がない話だったりしたら、男性はただただ苦痛に感じるだけです。

気になる男性に対しては、色々と話したいという気持ちもわかります。

しかし、会話の基本はキャッチボール。「やり取りをする」ことを忘れずにいきましょう。

無理くり若者言葉を使っている

若者言葉や流行語などを、会話の中に無理やりに入れ込もうとする。

これも、おじさんやおばさんがやりがちな行動の1つです。

もちろんLINEの文面でも同じで、若者の流行にしがみついているようにも見えてしまうかも……。

「若者言葉を使うな」というわけではないのですが、使い方を間違えていたり、微妙におかしなニュアンスになっていたりすると、ちょっと痛々しいもの。

ニュアンスや意味を正しくつかめていないうちは、使わないほうが無難です。

文章がながーーーい

文章がながーーーい

「LINEは短文でポンポンとテンポ良く」

これ、大体の若い人たちの間では共通認識としてあるようです。

ただ、世代が違うとそうとも限りませんよね……。

伝えたいことや言いたいことがありすぎて、1回のメッセージにたくさん詰め込んでしまうこともあるかと思います。

いちいち長文で返信をされると、会話を続けていくのもめんどくさくなってしまうのだとか。

画面に伝わる圧迫感に、もう読む気にもなれなくなるでしょう……。

言いたいことは小出しにして、読みやすさや、返事のしやすさを考慮できるといいかもしれませんね。

絵文字地獄

やたらと絵文字を使いたがるのも、おばさんっぽいLINEの典型的なパターン。

ワンポイントでちょっと使ったりするのはいいですが、一文の中にいくつも絵文字を入れたりするのは、あまりオススメできません。

読みにくくもなりますし、単純に「ダサい」印象を与えてしまいます。

とはいえ、使い方を工夫すれば十分に「今っぽいLINE」ができるので、上手な使い方を学んでいきましょう。

おばさんになるのは、まだ早い

気になっている男性とLINEをしているときは、少しでも長く、そして色んなことを話したいと思うもの。

その気持ちはとても良くわかります。

でも、それで「おばさんっぽい」と思われてしまっては、元も子もないですよね。

今回の記事を参考に、上手なやり取りを続けてください。おばさんになるのは、まだ早いですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)