自慢したくなるほど素敵な彼女がいたら、男性としては幸せの極みですよね。

芸能人レベルにかわいいとか、グラビアなみのスタイルだとか、そんな彼女も自慢ですが、やはり「対応力」に弱い男性も多いようです。

そこで今回は、自慢したくなる彼女の胸キュンエピソードをご紹介します。

【神対応】自慢したくなる彼女の胸キュンエピソード

もしもの備えが完璧

「公園のベンチで指を切ってしまいましたが、彼女が『絆創膏あるよ!』と応急処置! 素敵でした」(30歳/公務員)

「風がきつくて、持っていたハンカチが飛んでいくというハプニング。でも、彼女が予備のハンカチを持っていたので助かりました」(32歳/カーディーラー)

デート中はケガをするかもしれませんし、小物を持っていてもトラブルで使えなくなるなんてことも。

ちょっとしたハプニングを想定して備えをしていれば、彼はデキる彼女だと自慢したくなるもの。

いままでの小さなトラブル経験を思い出したり、ネットで『持っててよかった』エピソードを調べたりするといいかもしれません。

トラブルが起きても怒らない

「二人で行こうと思っていたお店が臨時休業……。彼女が不機嫌になるかと思っていたら、『わたしはラーメンでもいいよ!ほら、あそこおいしそう!』と言ってくれました。神対応に感動!」(27歳/音響機器メーカー勤務)

「ドライブデートで迷ってしまいましたが、『こういうのも醍醐味じゃん!』と言ってもらえて救われました」(29歳/飲食店勤務)

いつもいつも、予定通りにいくとは限りません。

予定通りいくのが、最高のデートだと決めつけず、ふたり一緒にいることを大切に。

そう心得ておけば、たとえトラブルが起きても、柔軟に優しく対応でき、その状況を楽しめるはずです。

調子が悪いときにさりげなくフォロー

「最近仕事が忙しく、彼女とも会えずの日々。ある日部屋に帰ると、冷蔵庫に、大好物の彼女お手製デザートが入っていて……。めちゃめちゃ元気になりました!」(33歳/広告代理店)

「仕事でミスが続き、職場の人間関係もギクシャク……。こんなこと彼女に言えないと思って帰ると、夕食を作って待っている彼女がいて、一気に幸せになりました」(29歳/調理師)

彼氏の様子をよく観察しているなら、普段とは違うことに気づけるかもしれません。

予感や、なんとなくそうかも、と思ったときでもOK。

彼氏が喜ぶことを積極的にしてあげましょう。

観察しておけば、ベストタイミングを狙って優しくできるはずです。

キスしたいタイミングが同じ

「デートの帰り道、偶然周りに誰もおらずふたりっきりに。キスとかして帰りたいなと思って彼女を見ると、すでに見つめてくれていて……」(28歳/公務員)

「広めの公園で、シートに寝そべりながらのんびりおしゃべり。ふと会話が途切れ、『幸せだな~』っと思った瞬間、彼女がキスをしてくれました」(30歳/工場勤務)

キスは、言葉では伝えられない気持ちを伝えることができます。

会話をするときには、彼氏の動機を考えて、自分の気持ちをタイミングよく素直に伝えること。

こうすると、お互いの感性を敏感に感じ取れるようになれます。

おのずと、キスをしたいと思うタイミングも、シンクロできるようになれるかも?

彼を思う気持ちが大切!

自慢の彼女になるには、人並み外れた努力が必要なわけでも、生まれ持った容姿に左右されるわけでもありません。

基本はやっぱり彼を思う「愛情」。

いつも彼を気遣い、温かい気持ちでコミュニケーションをとって、「○○かもしれない」を考えた言動をすれば、どんどん自慢できる彼女になれるはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)