「この人とはすごく相性がいい!」と感じた経験はありませんか?

反対に、「この人とは相性悪いかも……」と思ったこともあるでしょう。

もし自分が、気になる彼と相性が悪いタイプだったらどうしますか?

仕方がなかったと諦めるのではなく、彼と相性のいいタイプに自分を近づけていくこともできます。

そこで今回は、男性の誕生月別に「恋の相性が悪い女性のタイプ」を占いました。

まずは前編として、1月生まれから6月生まれまでをご紹介します。

【前編】男性の誕生月別・恋の相性が悪い女性のタイプとは?

1月生まれ

……いい加減な女性

1月生まれの男性は何かに熱中している人や、研究職などとことん追求する精神を持っている人が好きでしょう。

完璧を求める精神を理解してくれる相手がピッタリです。反対に、いい加減でずさんな人を軽蔑するところが。

2月生まれ

……自分勝手な女性

2月生まれの男性にとっては女性は憧れの対象。そのため、凛とした異性に惹かれるところがあります。

しかし、あまりに自分勝手な相手だと発言ができなくなってストレスを溜めてしまうことに。

多少難はあっても話を聞いてくれる人や、理解を示してくれる相手の方が気持ちよく付き合っていけるでしょう。

3月生まれ

……条件で人を判断する女性

3月生まれの男性のもつ神秘的で不思議な雰囲気は多くの異性を惹きつけます。

しかし、条件で人を判断する女性には軽蔑に近い感情を覚えることも。

一方で、誠実で、少女のような純粋さを持っている相手には、知らないうちに惚れてしまうでしょう。

4月生まれ

……オタクで暗い女性

4月生まれの男性はスポーツの得意で爽やかな相手に胸がときめくようです。

そんな人と一緒にスポーツをすると、すぐに恋に落ちてしまうでしょう。

一方で、インドア派だったりおとなしい女子には相性の悪さを感じ、あまり興味がわきずらそう。

5月生まれ

【前編】男性の誕生月別・恋の相性が悪い女性のタイプとは?

……ギラギラ系女性

5月生まれの男性は恋に奥手な性格からか、突然告白されたり、いきなり迫られたりすることはかなり苦手。

そのため、突然距離を詰めてくる相手やギラギラ系女性には引いてしまうかもしれません。

反面、ゆっくりじっくり相手を見て恋をする慎重派で、穏やかな相手には安心感を覚えるでしょう。

6月生まれ

……ずうずうしい女性

6月生まれの男性にとって恋は価値観の感応であり、いかに親しい仲でも土足で自分の領域に踏み込んで欲しくないと思っていることでしょう。

そのため、ずうずうしい人やデリカシーのない女性とはうまくいきません。

精神的に成熟した女性や適度な距離感を持って付き合っていける相手なら安心して関係を温め続けられそう。

相性はこっちから合わせるもの!

相性というのは先天的に決まっているように思えますが、本当にそうでしょうか。

じつは、そのときのコンディションや機嫌にも左右されるものなのかもしれません。

この記事を参考に、気になる彼と相性のいい女性のタイプに少しでも近づけるようにしましょう!

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

●7月生まれ~12月生まれの男性と相性の悪い女性のタイプは?