なにげなくした発言で、「この人結婚焦ってるのかな?」と男性に思われるのは心外ですよね。

「モテないのかな」「結婚焦っててイタイな」なんて勝手なレッテルを貼られていたら、もう最悪……。

そこで今回は、「結婚焦ってるな……」と男性に勘違いされてしまうイタイセリフをご紹介します。

無意識に言っているようなら、あらためた方がいいかもしれませんね。

「結婚焦ってるな…」と男性に勘違いされるイタイセリフ3選

「私も子ども欲しいな〜」

子どもが好きで、かわいい子どもを見るとすぐに「私も欲しいな〜」なんて言っていませんか?

深い意味はなくても、男性からすれば「結婚焦ってるな」と感じる言葉だそうです。

それほど男性にとって、子ども=結婚という印象は強いようですよ。

だから、付き合っている彼でも、彼女が子どもの話をすると、結婚を迫られていると身構えてしまうもの。

会話のネタとして子どもの話題を出しても、男性にとって子どもの話は、かなりプレッシャーに感じてしまうようです。

「合コンしようよ」

「合コンしようよ」「今度みんなで一緒に飲もうよ!」なんて、挨拶がわりのように言う女性はいませんか?

これは結婚を焦っていると受け取られても当然な言葉です。

お近づきの気持ちを込めたり、社交辞令で誘ったりしたとしても、男性にとっては、相手探しに必死なのかと思うようです。

合コンしよう、遊びに行こうなど、親密感が増す言葉のように思いがちですが 、男性側はそうは思っていないようです。

「早く落ち着きたいな〜」

「早く落ち着きたいな〜」

仕事でバタバタしたり、大変なことが重なって逃げ出したくなったりしたときに、つい「早く落ち着きたい」なんてこぼすこともあるのでは?

このなにげない言葉も、男性からすると結婚をイメージしてしまう言葉のようです。

「仕事を辞めたい」、「遠くに行きたい」という現実逃避の意味だとしても、彼に言うのは要注意。

男性は「女性が現実逃避したいとき=結婚を考える」と思うので、こういったことを口グセのように言っていると、結婚を焦っていると思われてしまうかも。

誤解されるのはもったいない!

「結婚を焦っている」のは、本当は男性が「女性は適齢期になれば結婚したいと思うもの」と勝手にイメージしているだけに過ぎません。

しかし、こういった固定概念は根強く残っているので、不意に結婚を連想させる言葉は避けた方が無難かもしれませんね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)