「キスしたいな」と思ったときに、相手から来てくれることを待ってしまう経験はありませんか?

自分から聞くのはちょっとダサいし、だからといっていきなりキスする勇気もない……。

できればパートナーに察して欲しいと思うものですが、それは男性も同じです。

そこで今回は、男性が「キスしたい」と思ったときのサインをご紹介します。

気付いてあげて♡男性が「キスしたい」と思ったときのサイン

ボディタッチをしてくる

「キスしたいと思ったときはやっぱりボディタッチが増えます。彼女に寄りかかったり、脇腹を突っついてちょっかいを出してみたりして気を引きます。ガキですみません」(25歳男性/フリーター)

ボディタッチをして相手の反応を確認したり、彼女の気を引いてみたりとその理由はさまざま。

彼からのボディタッチが増えたなと思ったときは、逆に「ダメ!」と焦らしてみるといいかもしれません。より一層雰囲気が盛り上がります。

唇を見る

「『キスしたいな』と思ったときって無意識に唇に視線がいってしまいます。だから、『今、キスしたいって思ったでしょ?』って言われたこともありますね。バレバレっていうのもちょっと恥ずかしいです」(27歳男性/工場勤務)

ほしいものには目が行ってしまうというのは、人の習性なのかもしれませんね。

彼と話しているときにちょっと視線が下がったら唇を見ているのかも。そんなときは、ちょっと顔を近づけてみて「なに考えてるの?」と尋ねてみてください。

思わずニヤつくようなら、キスしたいと思っていることは間違いないでしょう。

無意識に唇を舐める

「キスしたい気分になったときって、僕は無意識に唇を舐めてしまうことがあるみたいです。女性からするといやらしく見えるかもしれませんけど、引かないでください」(23歳男性/営業)

キスをしたくなったときは無意識に唇を舐めてしまうという人もいました。

わかりやすい反応と言えるかもしれませんね。

他にも似たような反応として「無口になる」という人もいました。キスしたいという反応は口元に出やすいのかもしれませんね。

キスの話題を出す

「キスしたいって思うときは、キスのことで頭がいっぱいで、『どんなところでキスしたことある?』とか、『キスしたいシチュエーションってあるの?』って感じでキスに関する話題を振ってしまいがちですね」(28歳男性/ドライバー)

男性は意外と単純なところもあります。

キスしたいと思ったらキスのことで頭がいっぱいになり、その話題しか思いつかなくなってしまうという人もいました。

なかには、ドライブ中にしてたしりとりを全て「キス」につながるように結びつけたことがあるというツワモノも。

彼のサインを見逃さないで!

キスしたくなったときは、意外と態度に表れるようです。

2人きりになれる場所へ連れて行こうとしたり、口臭を気にしてガムをかみ始めたりする人もいました。

彼が妙にそわそわしてきたら、それはキスしたいというサインかもしれませんよ。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)