付き合っていると、どうしても実感してしまうのが相性。

もともと違う人間ですから、合うところもあれば、合わないところもあります。

そこで今回は、彼女と「相性がいいな」と思う瞬間をご紹介!

自分をアピールするタイミングの参考にしてみませんか?

男性に聞いた!彼女と「相性がいいな」と思う瞬間3つ

笑いのツボが同じだった

「おうちデートのとき、テレビを見ているんですが、笑うところ・タイミングが同じなんですよね。同じタイミングで笑えるってなんか安心します。」(32歳男性/建設業)

なにがおもしろいと感じるか、どのタイミングで笑えるかは意外と重要。

自分がおもしろいと思っているのに、相手が無表情なんて、とても気まずいですからね。

自分がおもしろいと思ったことは、素直に笑ってOK。

加えて、彼がなにをおもしろいと感じているのか、そしてその理由を考えて!彼の感性も理解して微笑んであげれば、きっと気まずい空気を回避することができるはずです。

楽しいと思うタイミングが同じ

「デートの帰り道、今日楽しかったことを話していると、『○○がおいしかったよね~!』『あ、○○がとくに』『そうそう!』なんて共感できると、相性いいなと感じます!」(29歳男性/会社員)

デートは1日1日、思い出が作れます。そのなかで、とくに印象に残っていることが似ていれば、相性がいいと感じてもらえるもの。

とはいえ情報を共有しなければ、相性の良さを感じられません。

おいしいもの、楽しかったこと、感動したことなど。

ぜひ、デート中のひとつひとつの出来事を大切にして、具体的に彼に伝える習慣をつけてみませんか?

違う視点でものを見れたとき

「もっと○○だったらいいのに、と思えるものでも、『見通しがいいから安心できる』とか『小さな子どもには安全かも』など、違う視点でコメントしてくれると、自分にないものを補ってくれる気がして、相性いいのかなって思えます」(34歳男性/警備員)

同じである=相性がいい、とは限りませんよね。

この男性のように、違うからこそ補い合える、支え合える。だから相性がいいと感じる場合もあるようです。

自分に得意なことがあれば、男性であるか女性であるかに関係なく、全力で彼をサポートしてみましょう。

そして、意見や価値観、視点の違いがあるなら、多角的・客観的に問題に取り組めるメリットとして、ふたりで受け入れてみましょう。

彼との相性は?

相性がいいと感じても、言葉には出さず、心のなかでコッソリ感じていることが多いでしょう。

「ときどき、○○くんと似てるなって思ってるんだ」といって、たまに彼の感じてることを聞き出し、相性を確認してみるのもいいですね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)