恋愛において、LINEのやり取りだけで仲良くなるのは難しいと言われることがあります。

しかし、そんななかでもLINEのやり取りだけで、男性のハートをつかんでいる人もいるようです。

そこで今回は、LINEで男性のハートをつかむテクニックをご紹介します。

あなたも少しの工夫で、意中の彼を虜にしてみませんか?

【悩殺テクニック♡】男性をハートをつかむLINEテクニック

王道のハートマーク

「やっぱり♡マークでしょう。コレが入っていると『脈ありか?』って反射的に思ってしまうんですよ。ちょっといいなって子が使ってくれると『嫌いだったら入れないよね?』なんてソワソワする」(25歳男性/建築)

そんなことで……?と思いますが、ハートマークに対してテンションが上がる男性は少なくないようです。

女性側もハートマークを使うときは、「意味深」に使うのがオススメでしょう。

さらに、自分だけに送っていると思わせるように使うとより効果的です。

彼も入っている他のグループLINEでは使わずに、個別LINEのときにだけ使ってみてくださいね。

返事のペースを合わせる

「私は本当は好きな人のLINEには即レスしたいタイプです。でも、返事を催促したつもりはないのに、『俺はすぐ返事できないから悪いなって思っちゃう』と彼に言われたことがあって。

返事が早い人に早く、遅い人には同じくらい遅く返すようにしたら、LINEのやり取りが続くようになりました。また、既読や未読も気にならなくなりましたよ」(23歳女性/アパレル)

「返事ちょうだい」と口にしなくても、相手の即レスLINEから男性が勝手に圧を感じることがあるよう。

それならせめて、表面上の態度だけでも彼に合わせることで、「なんか合わないな」と思われるリスクを減らすのもありかも。

男性側からも「同じペース、テンションでLINEしてくれるコには返事がしやすい」と言う声もありましたよ。

意味のない擬音を使う

「彼女が、LINEの文にやたら擬音を入れてきます。『もぐもぐ』とか、朝起きたときの『むにゃむにゃ』とか。

あざといと思うんだけど、普段はサバサバしてるので、そういうことを書くのはLINEだけなんです。トータルでは好印象ですね。かわいいと思います」(28歳男性/金融)

ハートマークと同じく「そんなことで?」と思う方がいそうなことですが、これはギャップの勝利と言えるでしょう。

普段ベタベタと甘えない女子が、ぽろっとこんな擬音を漏らすのは「かわいい!」「俺にだけ心を許してる」と感じられて嬉しいと男性たちは言います。

面と向かうと照れくさくて、ついサバサバした態度になってしまう人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

LINEを工夫して彼を虜にしよう

こうしてみると、LINEでモテている人は、「LINEだけで距離を詰めようとしていない」ことがわかります。

自分からデートに誘ったり、いつヒマ?なんて質問したりしている人はいませんよね。

「なんかかわいいな」と雰囲気を演出するだけにとどめておき、誘ったり距離を詰めたりするのは男性の役目として考えている。このバランスがモテと言えるでしょう。

今回ご紹介した内容を参考に、彼女たちのモテLINEテクニックを試してみてくださいね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)