別れや圏外認定の理由のひとつに「金銭感覚が合わない」ということが挙げられます。

どんなにかわいくても、金銭感覚が合わないと男性はつらいもの……。

では、男性は女性のどんな部分を見て萎えてしまうのでしょう?

【金銭感覚の違い】男性が萎えた瞬間4選

お金に細かすぎる

「1円10円のレベルでケチケチしている姿を見ると、正直萎えます。お金にきっちりしているのかもしれないけど、あまりにもケチだと付き合うと面倒くさそう」(30歳男性/不動産)

お金をきっちり管理するのは大切ですし、「塵も積もれば山となる」精神は、お金を貯めるうえでも忘れたくないこと。

でも、1円10円といった細かい単位のお金にこだわりすぎてしまうのは、ケチな女性と思われてしまいがち。

すぐ「お金貸して」と言う

「簡単に『お金貸して』と言える子は、神経を疑います。きっとお金にルーズでだらしない子なんだと引いてしまいますね」(25歳男性/営業職)

お金にルーズ、だらしないという印象は、男性が彼女にはできないと判断する材料となりやすいもの。

このほか、「図々しい」「信用できない」「お金の管理能力がない女性はいや」といった声もありました。

「金の切れ目は縁の切れ目」というように、お金のやりとりは誠実さを求められるもの。

どんなに親しい関係でも、簡単にお金の貸し借りをするのはおすすめできません。

お金でマウントを取ってくる

「持ちものや服装のブランドを見て、マウンティングする女性を見ると冷めますね。お金至上主義というか、ブランドや収入で人の勝ち負けを決める女性は、心が貧しい人なんだと思います」(27歳男性/自営業)

お金やブランドに固執して、他人を見下したり優越感を得たり。こういった言動も男性が離れてしまう原因になりがちです。

また、「付き合うとお金がかかりそう」と思われてしまう可能性も。

裕福さを他人と比較する気持ちは、女性なら少なからずあるはず。でも、男性の前では見せないようにするのが賢そうです。

「お金がない」が口癖

「彼女をデートに誘ってもいつも『お金がない』と言われる。俺がおごることが多いし、気を遣う……」(22歳男性/学生)

「お金がない」と言ってしまうことは誰にでもあるはず。

ただ、口癖のようになってしまうと、ネガティブな印象を与えてしまいやすいもの。

あまり言いすぎないようにしてみてくださいね。

ケチすぎるのはNG

金遣いが荒い姿に引くケースが想定されがちですが、実際に調査してみると、お金に対する不誠実さや管理能力、ケチさに萎えてしまう男性が多い傾向にあるようです。

彼の金銭感覚に合わせることも大切ですが、その前に男性が萎える言動をとらないように注意していきたいところ。あなたは大丈夫でしたか?

(白藤 やよ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)