奥手な女性の中には、デートに至っても「意中の彼と上手く話せない……」というお悩みを抱える人も多いでしょう。

ただ、焦らずとも大丈夫!

今回は、特別なことをしなくても意中の彼に親近感を与える、会話のコツをご紹介します。

彼との会話を楽しむために、ぜひチェックしてみてくださいね!

口ベタでも大丈夫!【奥手女性】のための会話のコツ3つ

リアクションを取る

話が苦手だったり、緊張して話せなかったりする場合でも、ひとつだけ注意したいポイントは「塩対応」をしないこと。

うまく話せなかったとしても、リアクションだけはしっかり取るようにしましょう。

ちゃんと話を聞いている印象を与えるため、彼からは「もっとこの子と話したい!」と好感を持たれやすくなるはず。

対して、そっけない反応ばかりだと「俺に興味がなさそう」「つまんない」などネガティブな印象を与えやすくなります。

彼の情報を仕入れておく

事前に気になる男性の情報をリサーチおくと、それが会話の糸口になります。

たとえば、趣味や特技、好きなもの、ハマっているものなど。

それに自分のことを知ってくれていると、興味を持たれているように感じてうれしいもの。

ただ、あまりにも詳細に調べすぎると、彼に怖がられるリスクもあるので注意しましょう。

ちょっとした会話の回数を増やす

ちょっとした会話の回数を増やす

気になる彼と、いきなり長話をするのってハードルが高いですよね。

そのため、まずはひと言でもいいので、ちょこちょこと話して、少しずつ会話の回数を増やしていくのがオススメ。

男性にとっても、話しかけられる機会が増えると、あなたの存在を意識しやすくなります。

何度も繰り返すうち、「もしかして俺のこと好きなのかな?」と彼の心が揺さぶられるかもしれません。

グループで話す

気になる彼と1対1で話すのは無理!という奥手女性もいるでしょう。

そんなときは、彼を含めたグループで話すというのも一つの方法です。

その機会の中で、気になる彼と言葉をかわすことができれば、その後も会話のきっかけを作りやすくなるものです。

また、彼の周りの人たちと仲良くなっておくというのも、親近感を与えるために有効ですよ!

完璧な会話をする必要はない!

気になる彼と仲を深めるために、必ずしも完璧な会話をする必要はありません。

彼と話す機会が減るくらいなら、ちょっとずつでも話をしていくほうが仲が深まりやすくなります。

今回ご紹介したことを頭の片隅に置きながら、彼との会話を楽しんでくださいね!

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)