気になる彼に会いたくてたまらないとき、あなたはどうしますか?

彼に「寂しい」と伝えたいところですが、もし重い女と思われたら嫌だ……。

そんな葛藤を抱えることもあるでしょう。

そこで今回は、重くならない「寂しい気持ち」の伝え方をご紹介します。

これが正解!重くならない【寂しい気持ち】の伝え方って?

直接会ったときに伝える

デートのときに「ずっと会いたかった!寂しかったよー」と、会えてうれしい気持ちとセットで伝えましょう。

また「寂しいときはどうしたらいい?」と彼に提案すれば、彼もなにか考えてくれるはず。

そのときは「寂しい発言=会いにきてほしい」ではないことを解説しておくのもオススメ。

そうすれば、会えない時間に「寂しい」と言っても、彼が重くとらえづらくなるはずよ。

文章で伝えるなら「明るく」

LINEやメールなど文章で寂しい気持ちを伝えると、長文になったり、ネガティブな言葉を使ったりたりしがち。

そのためメッセージを受け取った男性に、重いと思われることもあります。

そこで文章で寂しさを伝えるときは、「明るさ」を交えるのがポイントです。

「寂しいけど、会えるまで頑張る!」など、かわいさや健気さが伝わる内容がベター。

また彼のタイプによっては「寂しいから、ぬいぐるみにあなたの服を着せた(笑)」なんて、ユーモアのある内容もアリかもしれません。

電話で伝えるならタイミングが重要

電話で伝えるならタイミングが重要

男性は「寂しい」と言われると、その状況を解決するために「会いたいということか?」と考える節があります。

そのため、会えない状況で言われると困ってしまうことも。

用事で手が離せないときや、遠距離の場合など、会うのが現実的に難しいときに「寂しい」と伝えるのはNG。

「だから会えないんだってば」と、彼をイラっとさせることもあるのです。

だからこそ電話で気持ちを伝える場合は、タイミングが大切。

デート後に「さっきまで会ってたから寂しいね」と伝えるなど、「だからいますぐ会って」というニュアンスを感じさせないタイミングがベストです。

彼が「なんとかしてあげたい」と思うからこそ

彼と会えなくて「寂しい」と思うのは当然のこと。

その気持ちを伝えると、彼は「なんとかしてあげたい!」と思うはず。

だからこそ、女性側のタイミングや伝え方も大事なのです。

そのため今回ご紹介したヒントをもとに、「寂しい気持ち」との向き合い方から変えていきましょう!

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)