いつも恋が短命に終わりがち……。

そんな悩みを抱えている女性って、意外と多いのではないでしょうか?

結婚も視野に入れると、できれば長く付き合いたい!

そんな焦りが生まれることもあるでしょう。

そこで今回は、「恋が長続きするコツ」をご紹介します。

短命の恋はもう終わり!【恋が長続きする】コツって?

共通の趣味を楽しむ

気になる彼と共通の趣味があれば、それを一緒に楽しみましょう。

もし共通のものがなければ、新しく作るのもアリです。

たとえば旅行であれば、「次は○○へ行こう!」「○月頃に山登りしようよ!」なんて、未来の話をしますよね。

そういった未来の約束があれば、別れるという選択肢を選びにくくなるでしょう。

それに共通の体験をすれば仲も深まりやすく、気付いたら何年も付き合っていた、ということもあるはずです。

相手は時間をかけて選ぶ

クリスマスや夏祭りなどのイベント前って、なにかと一緒に時間を過ごす相手がほしくなりがち。

そのため、「その場しのぎの恋人」を作ることもあるでしょう。

しかしイベントのために急いで作った相手は、内面をよく知らずに付き合い始めることも多いもの。

そうなると、やはり関係が長続きする相手になる確率は低いでしょう。

そのためにも、時間をかけてじっくり相手を選ぶことは、相性のいい相手が見つかる秘訣になるはずです。

お互いの意見を尊重する

お互いの意見を尊重する

気になる彼と付き合えたら、「あれもしたい!」「これもしたい!」といろいろな希望がわいてくるでしょう。

しかし、彼のタイプによっては「それはちょっとできない……」という人もいるでしょう。

もしそんな彼に一方的に意見を押し付けてしまえば、彼の負担が増えるはず。

それに「彼がどうしても○○してくれない!」と思うと、女性も不満が溜まるでしょう。

だからこそお互いの意見をどれだけ尊重できるかは、恋が長続きするかどうかに影響を与えるのです。

相手は時間をかけて選ぼう!

その場しのぎで恋人を作ろうとすると、相性の不一致からどうしても短命に終わりがち。

そのためにも、相手は時間をかけて選びましょう。

付き合ってからも、彼の意見にきちんと耳を傾けたり、共通の体験を作ったりすることで、将来の話も出てくるかもしれません。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)