気になる彼と距離を縮めようと思っても、なかなか進まない。

その場合、彼から苦手意識をもたれている可能性があります。

今回は、男性が苦手な女性に取る行動パターンをご紹介。

当てはまるものがあったら、次の出会いを探した方がいいかもしれません。

【諦めなきゃダメ?】男性が「苦手な女性」に取る行動6つ

他の女性について話題に出す

男性は苦手な女性に対して、他の女性の話題を出します。

これは遠回しに、脈なしだと伝えるための行動です。

わざわざ「あの子に告白しようと思ってるんだ!」と伝えてくることもありますよ。

一緒にいても距離を取る

親密さは距離感に表れます。

誰だって苦手な人とは一定の距離を取りたいと思うでしょう。

複数人でカラオケに行ったときに、自分の隣が空いていてもあえて遠くに座られるなどです。

また、一緒に目的地に向かって歩くときも、なぜか並んで歩いてくれないなんてこともあるでしょう。

つまらない雰囲気を作る

男性は、気に入った女性との会話は弾ませようと努力します。

いっぽうで苦手な女性との会話はトーンダウンさせて、つまらない雰囲気を作ることも。

女性側が一生懸命話題を出してもなかなか盛り上がらないようであれば、諦めた方がいいかもしれません。

連絡先を交換しない

すでに何回か会っているのに、連絡先を交換してくれない場合は、最初から脈なし判定されているようなもの。

また、たとえ連絡先を交換できても、苦手な女性からのLINEは既読スルーしてしまうことも。

元々、LINEにも苦手意識を持っているなら、なおさらそうなるでしょう。

視線が合わない

男性は苦手な女性とは、目が合わないように配慮するようです。

好意を持っていると思われたくないという気持ちが働くのでしょう。

しかし、シャイな男性の場合はもちろん別なので、彼の性格を把握してから判断するといいでしょう。

絶対におごらない

やはり気になっている女性にはおごってあげたくなる男性は多いようです。

しかし、苦手な女性には決しておごりません。

いつも当たり前のように割り勘を提案されたら、友達止まりだと考えていいでしょう。

諦めきれない場合は長期戦へ

こんな行動を取られたら、落ち込む女性も多いでしょう。

そんなときこそ、次の行動を取るのが得策です。

しかし諦めきれない場合は、焦らずじっくり距離を縮める作戦に切り替えて!

相手が自分の良さをわかってきたら、一気に距離を縮められるかもしれませんよ。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)