男女間には、相性というものが存在しますよね。

具体的には例を挙げられなくても、相性の良さを感じ、なんだか惹かれてしまう……という相手が思い浮かぶかも。

今回はそんな男性が、「この子とならうまくやっていけそう……」と予感する瞬間をご紹介します。

男性が「この子とならうまくやっていけそう…」と予感する瞬間って?

デートのときによく晴れる

「彼女とまだ付き合ったばかりのころ。音楽フェスに行く予定を立てていました。ところが、前日の予報では、その日は台風。最悪だ……と思いつつも、現地に向かいました。でも当日、台風がそれて、超天気に。

そこで気付いたんだけど、彼女と遊びに行くときって、いっつも晴れてる。なんか嬉しいし幸せに感じます」(28歳/教育)

天気によって、多少なりとも気分を左右されますよね。

やっぱり、会う日に雨ばかりだと、相性が悪いのかな……なんて考えてしまうこともあるかもしれません。

逆に晴ればかりだと、天に祝福されている……と大げさに喜んでしまう人もいるでしょうね。

休みの日が同じ

「仕事柄、休みが変則的なんです。それが原因で、今まで付き合ってきた彼女とすれ違いが起き、うまくいかなかったことも多々ありました。

でも今の彼女は、休みの日がまったく一緒。職業が違うのにですよ。これは、神様から『付き合え』と言われているような気がした」(33歳/医療)

休みが合うか合わないかは、その後の関係を大きく左右していきます。

とくに出会ったばかりのころは、会わなければ交際にすら発展しない可能性も。

休みの日が同じというのも、相性を測るひとつの要素と言えるのかもしれません。

選ぶメニューが一緒

「彼女と出会ったばかりのころ、よくデートしていた時期です。食事するためにお店に入り、メニューを見ますよね。そこで、選ぶメニューを、『せーの』で指差したりしてたんです。

それが、いつもだいたい同じ。3回連続で同じだったとき、この子と付き合おう……と決意しました」(26歳/営業)

付き合ううえで、食の好みが同じというのは、長続きする大きな要素となります。

連絡するタイミングが同じ

「深夜に好きな人のことを考えることあるじゃないですか?もう寝たかな……なんて考えたり。するとすごく気になってきて、連絡したくなる。

迷惑かもしれないけど……と思いつつ、スマホを手に取ると、なんとその子から連絡が来た。こんな状況のとき、通じ合ってるなって思います」(29歳/広告)

連絡しようと思ったとき、相手から着信が……。ドキッとさせられる場面ですよね。

同じタイミングで、お互いを思い合っていたわけですから、深い繋がりを感じて当然。

これからの関係がいい方向に進んで行く兆候であると、十分に言えるでしょう。

偶然を信じてみてもいいかも

こういった兆候は偶然にしかすぎず、信頼に値するものではないかもしれません。

ただ、それを偶然と感じないのは、相手を思う気持ちが強いから。

その思いに間違いはないので、信じて貫いていくべきでしょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)