女性からすると思わず「そんなささいなことでなぜ?」と言いたくなるくらい、男性には打たれ弱い部分があるよう。

あなたが彼のことを気になっていても、会話のちょっとしたことで彼があなたに「嫌われてるのかも……」と勘違いしてしまい、恋愛がうまくいかなくなることも……。

そこで今回は、男性が「俺、嫌われてるのかな……」と会話中に勘違いしてしまうNGな態度を4つご紹介します。

「俺、嫌われてるのかな…」会話中に勘違いさせてしまうNGな態度4つ

会話の途中でさえぎって話す

男性は自分の話を途中でさえぎられると、「興味が無いんだな。嫌われちゃってるのかも」と感じてしまいがち。

相手の男性がおしゃべりなのか、あまりしゃべるのが得意ではないのかをしっかりと見極めるといいでしょう。

とくにおしゃべりな男性はできるだけ話を最後まで聞いてあげて、間が開いたなと思ったらあなたから新しいトピックを話してあげる……そういった配慮をしてあげると良いでしょう。

ずっとスマホを触っている

男性は会話の最中に、女性が携帯電話をずっといじっていると、「話に興味がないのかな」と不安に感じることが多いです。

とくにデートの初期の頃から携帯電話をいじってしまうと、一気に不安は増してしまいます。

男性自身も携帯電話をいじったりしてしまうかもしれませんが、そんな自分のことを棚に上げて女性からそれをされると、一気に「嫌われているのかな」と考えてしまう男性がいるよう。

今後も仲良くなっていきたい、そんな男性の場合は、会話の最中はできるだけ携帯電話を見ないように心がけましょう。

どうしても確認したいときはトイレに行くと言って離席した方がよさそう。

目線が合わない

男性は目をみてお互いに話している際に、目線を外されると「嫌われているのかな」と不安になります。

何度か続くと、あまり話をしなくなってしまう。

そういう分かりやすい変化がある男性もいます。

明らかにテンションが下がってしまうためです。

気になる男性が目を合わせて話をしてきた場合は、ある程度区切りがつくまで、目を合わせて笑顔で聞いてあげるようにしましょう。

真顔になる

男性が意外と一番「嫌われているのか」をチェックしているポイントとしては、女性の表情です。

「真顔」を見せられると男性は一気に不安になり、テンションが下がります。

興味のない男性を黙らせるにはこれが一番良いです。

恋愛を意識した気になる男性には、できれば真顔を見せないようにして笑顔で話を聞いてあげるようにした方が良いでしょう。

じつは男性は好きな女性の表情はかなり細かく観察しています。

男性は女性に会話中に真顔で話を聞かれてしまうと、自分の会話が「楽しくないのかな」と不安になってしまうので注意が必要です。

誤解されたらもったいない!

今回のヒント、いかがでしたでしょうか?

男性は一度誤解してしまうと、どんどん恋の炎を自ら小さくしていってしまいます。

今回お伝えした誤解されやすい態度を取っていないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)