いつまでも若々しい女性って、魅力的なことが多いもの。

しかし20代前半までと同じ言動をとっていると、男性からドン引きされている……なんてこともあるようです。

そこで今回は、じつは「おばさん認定」されている女性のNG言動を3つご紹介します。

いい恋を遠ざける…【おばさん認定】される女性のNG言動って?

敬語がうまく扱えない

タメ口は、若いときなら「その生意気っぽさが新鮮」とポジティブに受け取られることがあります。

しかし、いつまでも敬語がうまく扱えないと「いままでどうやって生きてきたの?」と疑念を持たれることも。

フレンドリーに接しているつもりでも、相手からするとドン引き……なんてことがあるのです。

そのうえ、もういい大人なので、誰も指摘してくれないことも。

もし当てはまる節があれば、改めて口調について見直してみましょう。

自分のことを話しすぎる

聞かれてもいないのに、「そういえばこの間、こけちゃってさー」などと突然自分のエピソードを話しだす女性。

そんな女性も、おばさん認定されがちです。

ほかにも天然エピソードや、家庭的アピールなど、自分のことを良く見せようとする話題は、男性から敬遠されることがあります。

そのため自分のことを話すのは、質問されたときだけにするのが無難でしょう。

そこを意識するだけでも、大分印象は変わりますよ。

見た目を気にしすぎる

見た目を気にしすぎる

年齢を重ねると、いままでになかった見た目への悩みが出てくるでしょう。

シミやシワが増えた、太りやすくなった、顔のたるみが気になるなど……。

ただそんな悩みって、意外と男性は気づいていないこともあるのです。

だからこそ、男性からは「なんでそんなに気にするんだろう?」と違和感を持たれ、それが「おばさんっぽい」という印象につながることがあるみたい。

これは実際の会話の中だけでなく、SNSからも感じる男性がいるよう。

たとえば、美容関係の注射やレーザー治療へ行ってきた様子をシェアするなど。

とくに美容に疎いタイプの男性からは、「やりすぎでは?」とネガティブな印象を受けることもあるでしょう。

これらのことからも見た目の話は、同性の中だけで留めておくのがベターですよ。

自分を良く見せるのも大事だけど…

今回ご紹介したことのほとんどが、根底に「自分を良く見せたい」という気持ちがあります。

その気持ちは素敵ですが、そろそろ真剣な恋がしたい!という場合は、やり方を見直してみる必要があるかもしれません。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)