もうすでにデートも重ねているし、LINEも毎日のように送り合う仲なのに、彼のほうから「付き合いたい」とか「結婚したい」という言葉が聞けない……。

そんな悩みを感じている女性は多いと思います。そんなのときの男性心理はいったいどんなものなんでしょう?

そこで今回は、何回もデートしているのに告白してくれない男性の本音をご紹介します。

何回もデートしてるのに!告白してくれない男性の本音

あなたの気持ちがわからず不安

仲良く話している彼とはいえ、彼のほうではあなたのことがまだよくわからないのかもしれません。

もしあなたの感情表現が少ないようなら、彼は「僕のこと好きなのかな?」と不安に感じているかも?

そこで、「お付き合いしたい」ということをためらっているのかもしれません。

そんなときは、ちょっとわざとらしいぐらい過度に好きだということを匂わせてみるといいですよ。

たとえば、「○○くんに会いたいと思っていたの」「○○君って本当に私のタイプだから、もし芸能人だったら確実に推しメンだよ」などと言ってみましょう。

こちらに気があると分かれば、自然と告白されるかもしれませんね。

今の関係が心地いい

彼のなかであなたとの関係は今ぐらいがちょうどよいと思っているなら、彼はわざわざあなたに「付き合いたい」とは言ってこないでしょう。

この心理(本音)には、あなたと深い関係になり、いずれ結婚という流れを避けたいという思いがあるのかもしれません。

これは、男性側に結婚への不安がある、まだ自分には結婚はまだ早いと思っているなど、結婚に対する心構えが整っていない気持ちからくるもの。

もし、そんな彼をそれでもお付き合いに導きたいのなら、あなたが一歩踏み込むしかありません。

他の男性の影をちらつかせて慌てさせてみるのもよいでしょう。

あなたから告白してほしい

誰しも振られるのは嫌ですし、傷つきたくないと思います。

恋愛の世界では「惚れた弱み」という言葉もあるぐらい、告白する方よりされた方が立場的に優位な側面も。

そこで、男性のなかには自分から告白せず、彼女からしてくるよう仕向ける人もいます。

彼がそんなタイプなら、これは手ごわくて彼からなかなか告白してこないでしょう。

そんなときは、女性は男性から告白されたいって思っていると情に訴えるしかありません。

自分から告白することで彼女が喜ぶと思えば、彼から言おうという気持ちになるかもしれませんね。

彼の気持ちを知ることが大切

お付き合いするのが自然の流れなのに、とくに「付き合いたい」とか「結婚したい」という言葉がないなら、もしかして私は遊ばれているんじゃないかと心配になるかもしれませんね。

ですが、彼も女性と同じように受動的でいたいと思っています。

男性心理もなかなか複雑です。

いち早く彼の真意を見極めることが彼の告白にもつながってきますよ。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)